全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
中国の覇権国への野望はもはや隠すこともできないし、隠そうともしていない。

市場経済の恩恵を受けて、事実上、ナンバーワンに迫る経済規模になった。しかし、市場経済論理は全く尊重していない。昔の重商主義、富国強兵策だ。巨額予算のもとに強兵策が整いつつあると、次に出てくるのは領土的野心。過去の多くの現状改訂勢力(旧日本軍もこれに入る)がどうした行動をとってきたかを考えれば、次の一手も見えてくる。いろんな種類の挑発行為だね。しかけておいて、相手国を非難、自国民保護のもとに軍隊を派遣する。

尖閣の問題は、ベトナムやフィリピンにも他人ごとではない。最も対抗勢力になるはずの日本が腰砕けだと、ドミノ倒しにもなってしまう。そして、これが、中国の狙いでもある。しかし、中国お得意のデモ、不買運動だが、今回の領土に関するデモは中国に対する恐怖感、異質さを強調することになるだろう。中国への過度な傾斜がいかに危険かを学びつつあるはずだ。

で、日本はどうする?
中国VS日本で、日本は中国ほど軍事的、政治的、経済的オプションを多く持っていないことだけは、まずよく知ったうえで、作戦を立てなければならない。そんなときに、民主党の候補者のように、あれはいやだ、これもいやだでは、結局無策につながる。たとえば、中国のマーケットから締め出されて、TPPも反対と言っている奴に未来を語る資格などないのは明らか。必要なことは、メニューとしてはあっても、現実的でないとわかったらただちに、その選択肢は捨てることだ。あれもこれもは、深く検証していないのと同じで、愚の骨頂。  以下続く。

人気blogランキング
by citywatch | 2012-09-17 11:43 | トピックス/時事評論
傍若無人は、中国の選択肢の一つでもある。政府が民意をけしかけておいて、民意をなだめるために譲歩を迫る。中国のマーケットの大きさに、吸い寄せられ、すがりつく、そしてひれ伏すしかない状況を作り出す。市場と軍事的圧力、まさにアメとムチ。これは、中国の長期的戦略の一環でもある。少なくとも、日本を含むアジアに対しては、もう時間稼ぎの時代は終わったということだろう。

中国を、生産基地、大消費地と、経済論理だけで進出してきた企業には申し訳ないが、中国は全くそんな論理で動いていないことだけは、今からでも認識しないと。それが分かってなお、コミットする戦略があれがそれは、結構だが覚悟のないままずるずるというわけにはいかないだろう。

中国は、共産党一党支配の開発独裁政権だ。市場原理は都合の良いとこだけを認めているに過ぎない。ところが、市場原理も不完全なものだから、かえって、負の連鎖を断ち切ることに成功しているわけだ。こうして、中国は、さらに自信を深め、かつて言葉だけでは否定していたあらゆる領域での「覇権」をめざしている。

かつての覇権国中国が、その再興をめざすのは、自然なことだが、そのやり方が問題になる。当然のことながら覇権は他国の自主性を制限することによって、成立する。一番大きく影響を受けるのは周辺国だ。かつて、中国を中心とした世界秩序として「冊封体制」があり、日本外交はこれを拒絶することが、最大の外交方針だった。しかし、独立の維持は孤立と同義にもなる。一方、受け入れれば、経済的メリットも大きい。独立の代償も小さくはないのだ。

人気blogランキング
by citywatch | 2012-09-17 11:20 | トピックス/時事評論
f0035016_1614344.jpg

天気もよくなって、大変な人出。
しらせ、きりしまは一般公開で人気を呼んでます。横浜の週末は忙しい。

f0035016_21522823.jpg

しらせの船首はずいぶんずんぐりしていて、特徴的。これで、厚い氷を割るんですな。

f0035016_21524672.jpg

イージス艦は、重要な部分がすべて覆われているので、被写体としてはつまらない。
by citywatch | 2009-07-25 16:14 | 横浜・横浜港の船

北朝鮮、再びの核実験

北の核実験については、3年前にも、いろいろ書いた。基本的な構造にさしたる変化はないが、北の技術が向上し、使える核への道が開けつつある。当然、日本の安全保障はそれだけ、脆弱になった。

この3年はなんだったんだろうね。日本では安倍、福田、麻生。米国、韓国も大統領が替わった。この3国の無策はトップの出来の悪さも関係している。中国だけが、腰の落ち着いた対応をとれるはずだったが、相変わらずの時間稼ぎで、宥和的なアプローチに終始した結果が、結局この様に。

現状は、ほとんど最終的で煮詰まった段階にも見える。今の北は、内部事情も関係しているのだろうが、日本、韓国を道連れにアメリカと刺し違えてもいいとまで、思い詰めているような異様さがある。基本は瀬戸際外交だが、必ずしも瀬戸際で止まらくても構わないと考えているのかもな。以前なら巧みな陽動作戦を仕掛けてきたものだが、近頃は強攻突破が目立つ。

もはや、各国とも、中途半端な対応は許されないということだろう。何度も書いているが、核武装(どころか、今や核搭載ミサイル配備も視野)した北朝鮮の存在は、日本の非核戦略の完全な破綻を意味する。この眼前の難題を解決できなければ、オバマの掲げる核廃絶など笑止であり、さらなる核の拡散は確実だ。

実際のところ、日本の選択肢はいくつもない。現下の経済不況ぐらい、まだまだ、ましな方だろう。日本自身が相当な覚悟をしない限り、解決策は見出だせない。これからの3年は過去のものとは、全く異なるものになる。麻生も鳩山も安全保障政策を総選挙の争点にするくらいの迫力が求められるが。せいぜい給付金か。
by citywatch | 2009-05-26 12:46 | トピックス/時事評論
テポドン騒動の週末だったが、分かったことと依然として分からないこと、できたこととできなかったことが一応確認できた。

まず、打ち上げは成功であったのか?北朝鮮による、人工衛星は周回軌道に乗ったという主張は、予定原稿だろうが、アメリカの言うとおり人工衛星に関して、対外発表通りでないからといって、失敗とも言えない。

事前にスケジュールと制限区域を設定して、大体その通りにやっている上。前回に比べて飛距離も延びている。人工衛星がもともとカモフラージュであるとすれば、ほぼ完璧か。本格的な人工衛星の打ち上げを目指すなら、さすがに単独では無理がある。

日本側はどうだったか?前回の発射から肝煎りで整備されたMD。土曜日の連絡ミスはともかく、昨日は発射以降の追尾はまずまずだったという評価。いいデータが取れたんだろうね。

もっとも、発射場所に加え、日取りも方向も事前に示されていたからね。実戦ではそうはいかない。今回の騒動は、まさに、北朝鮮も巻き込んだ日米、南北朝鮮、合同大軍事訓練だった。問題は、どちらが、どれだけ学習することができるかだ。安保理は3年前の再現になるのか。
by citywatch | 2009-04-06 08:33 | トピックス/時事評論
一応ロケットということでいいんだろうね。人工衛星らしきものも積んでいたのだろうから。いつまででも、ミサイル、ミサイルと言っているのも大人気ない。もともと、ミサイルよりロケットの方が広い概念だから。BBCやCNNもロケットの表記だ。政府は飛翔体といってるが、こうなるともっと範囲が広くなる。英語だとFlying objectか。まるでUFOそのものだ。大気圏外にまで到達しているから、素直にロケットでいいと思うがね。

今日は、典型的な花曇の日曜日で、朝から近場に出かけたが、みんなリラックスムード。実際、今回の、打ち上げによって日本の安全保障が、特に脆弱になったということはない。もともとキケンな状況にあるといったほうが正しいか。北朝鮮から日本列島はずっと射程の短いノドンで十分。すでに、何百発も配備している。問題なのは、言うまでもなく、搭載可能に小型化された核だ。

今見たCNNの解説は、ずいぶん的外れだったね。

人気blogランキング
by citywatch | 2009-04-05 13:39 | トピックス/時事評論
誤報については、大した感想はない。
ただ、「飛翔体」確認の一報から、訂正までは早かった。

しかし、何度も指摘しているが、一般向けの緊急連絡がどんな意味を持つのかは、はなはだ疑問。情報が到達するのは、すべてが終わってからで遅すぎるし、何もできない。「冷静に行動しろ」と言いつつ不安を与えているだけ。関係者の、何かやらなきゃというアリバイづくりはわかるけど、もう少し実質本位で対処した方がいいと思うがね。それと、ミサイル防衛網に対して、過大で誤った期待と認識を持たせていることも問題だ。

人気blogランキング
by citywatch | 2009-04-04 18:42 | トピックス/時事評論
ミサイル発射秒読みということになった。失敗の可能性も多少あるだろうね。
この機会に過去に北朝鮮がらみで書いたものを集めてみた。同じことばっかりいってる気もするが。こうして見てみると、ほとんどが、3年前のテポドン発射時ものだ。あの時もそうだったが、各国政府の対応はいつもばらばらで、お粗末な限り。北朝鮮だけが一貫している。見上げたものだとは、言わないが。

北朝鮮核弾頭搭載ミサイル [2009-04-02 08:50 by citywatch]
北の核の脅威を感じない韓国の軍拡の異常 [2006-10-25 19:36 by citywatch]
北朝鮮をめぐって米中関係の再構築? [2006-10-20 22:57 by citywatch]
朝鮮総連 こんなときでも、役に立てないのかね [2006-10-18 18:30 by citywatch]
ようやく覚悟を決めた中国 [2006-10-17 21:38 by citywatch]
日本の非核政策と核武装論 [2006-10-16 22:45 by citywatch]
北朝鮮制裁、各国それぞれの思惑と事情 [2006-10-12 22:17 by citywatch]
北の核実験をめぐって大混乱 [2006-10-11 23:46 by citywatch]
核武装国家 北朝鮮と対峙する不快な現実 [2006-10-10 20:54 by citywatch]
北核実験強行 靖国と拉致で後手後手の日本政府対応 [2006-10-09 15:42 by citywatch]
北朝鮮、週末にも核実験? 日中韓首脳会談への嘲笑 [2006-10-06 17:31 by citywatch]
朝鮮半島の核 日本の防衛安保戦略の破綻 [2006-10-05 11:59 by citywatch]
北朝鮮が核実験予告 対応策はある? [2006-10-03 21:19 by citywatch]
国連安保理 全会一致で対北朝鮮決議を採択  [2006-07-16 10:17 by citywatch]
中国は判断を誤るな! [2006-07-14 11:52 by citywatch]
はやくも、「安倍総理」誕生風情だが? [2006-07-11 17:45 by citywatch]
北朝鮮 ミサイル論議が盛んだが、的外れも多いね [2006-07-09 16:03 by citywatch]
こっけいなほど臆病な中国 [2006-07-06 22:41 by citywatch]
北朝鮮ミサイル [2006-07-07 18:45 by citywatch]
北朝鮮暴発 崩壊への自爆テロか? [2006-07-05 08:15 by citywatch]


人気blogランキング
by citywatch | 2009-04-04 10:55 | トピックス/時事評論
折から、「北朝鮮がミサイルへの搭載可能な核の小型化に成功した」とのレポート。

これが事実とすれば、日本の安全保障にとって、新たな次元の深刻な事態。北朝鮮が核保有国になった段階で、日本の非核政策は破綻したが、さらに核弾頭ミサイルまで配備されては、平和憲法あるいは憲法解釈の前提となる、環境が根底から覆されたこになる。今後はこれまで常識であった憲法上の制約を見直すしかない。そうでないなら、単独の独立国家としての生き残りはちょっと難しい。真面目に国家的なMAを模索する局面も出てくるかもしれない。

実際に配備となれば、北朝鮮は望み通りに、核による抑止力を得たことになる。この事態を阻止するための6カ国協議だったが、もはや何の意味もない。北が核を放棄することはないため、あらゆる譲歩も意味をなさない。大国を集めても何もできず、時間稼ぎに手をかしただけだ。

完全な失敗。日本にとっては、失敗しましたでは済まない、軍事安全上に大失態。禍根を残した。失敗の原因は怒るべきところで、正当な怒りを示さなかったところにある。明らかに、最大の被害国であるにも関わらず、アメリカ頼みで、最後まで当事者の立場を得られず、またその意識が低かった。この点、北朝鮮は巧だった。 核の問題では、日本を無視し続けた。

その点では、日本側も北朝鮮へナイスアシストだった。北朝鮮問題では拉致が最大の問題視することで、核問題の重要性を覆い隠した。拉致、拉致と叫ぶたびに、北はほくそ笑んでいたかもそれない。なぜここまで、日本人は危機の皮膚感覚がないのか。今になって、ミサイル発射に対する危機管理だ。何もできないし、する意味もない。何もしていないと批判されるのが嫌な役人のアリバイ作り以外にはな。

人間怒る時には怒るもんだ。今からでも、遅くない。怒りを一番うまく演技できる役者を外務省に入れて、安保理で演じさせるべきだ。
by citywatch | 2009-04-02 08:50 | トピックス/時事評論
APAが論文を募集しているとはしらなかった。

ホームページで公開されているので、ばかばかしいと思いながらチェック。仮にも「論文」だからね。いや、中身はよくある、生まれてこのかた、何千回と聞かされた日本被害者論、陰謀論だが、そのレベルは文春、産経かぶれ親父の飲み屋論議と同程度。A4でたったの9枚(31字×27行)。ところどころに、主張仲間と審査委員長渡辺昇一著作の引用。これで、懸賞賞金300万円。論文募集の意図がどの辺にあるかが分かる。

何の目新しさもない主張には驚かないが、自衛隊の航空幕僚長の書く「論文」がこのレベルだとは恐れ入る。この航空幕僚長が、文章をロジカルにまとめた経験がないことは一見明白。せめて、「多くのアジア諸国が大東亜戦争を肯定的に評価している」との主張の根拠ぐらい出せよ。タイ、ビルマ、インド、シンガポール、インドネシアと国名を列挙していいるのだから。(ビルマと呼ぶのは欧米メディアと同じ理由からかね)

中国などが反発するのは当然だろうが、それにしても、この水準の「論文」では、恥ずかしすぎる。それどころか、そんな人物がトップの自衛隊で大丈夫かと心配だ。今も昔も日本に欠落しているのは戦争の科学だ。孫文やクラウゼヴィッツの試みた戦争を科学する精神を欠き、軍のトップまでもが情緒に走っているのでは、同じ愚を繰り返すだけだ。

APAの女社長ではなく、代表がどんな人物かということは分かったが。

人気blogランキング
by citywatch | 2008-11-02 03:32 | トピックス/時事評論