全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:宿場町 ( 70 ) タグの人気記事

インスブルック Innsbruck

個人的には、冬季オリンピック開催都市の印象が強い。山の真ん中ではあるが、田舎という感じはない。現在は交通の要衝、かつては軍事の要衝でもあった。
f0035016_16570126.jpg


f0035016_16580898.jpg
イン川は雪解けで水量豊富。
f0035016_17003904.jpg
f0035016_17021486.jpg
f0035016_17034723.jpg
f0035016_17040819.jpg
夕食はまたしても、アスパラを中心に.......。

by citywatch | 2015-05-09 22:05 | 海外の都市

岐阜県美濃加茂市

美濃加茂市は、岐阜県中央南部の木曽川北岸に位置する工業都市。市の中心地である太田は、かつて中仙道の宿場町。飛騨川が合流する木曽川に合流する地点でもあり、河川交通を利用した木材搬送の要地でもあった。文豪坪内逍遥、歴史学者津田左右吉の出身地としても知られている。

電子関連の企業立地が多く、岐阜県トップの工業生産額を誇っている。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:50 | 東海の記事

岐阜県恵那市

恵那市は、岐阜県南東部の木曽川流域に位置する工業都市。中心部の大井は、江戸時代には、中山道の宿場町としてにぎわった土地柄。2004年10月、南に隣接する、岩村町、山岡町、明智町、上矢作町、串原村を合併し、市域を南に広げた。木曽川にかかる大井ダムは、1924年日本初のダム式水力発電所として建設されたもの。ダムによって恵那峡が誕生した。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:48 | 東海の記事

福岡県筑紫野市

福岡県中央部、福岡市から南東へ約15kmの谷あいで、南に向かう回廊に位置する住宅地。鹿児島本線、西鉄大牟田千、九州自動車道、国だ央3号線など、全ての主要幹線が、市域を南北に走る交通の要衝。市域北部の二日市は、かつて長崎街道の宿場町として栄えた。福岡市に近く、住宅開発が進み人口増加が続く。

f0035016_13221578.jpg


人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 13:19 | 九州・沖縄の記事

広島県大竹市

大竹市は、広島県西端、広島湾の西岸に位置する工業都市。西は山口県岩国市に隣接する。山が海に迫る厳しい環境で平地に乏しい土地柄。江戸時代には、山陽道の宿場町として発展。手すき和紙が伝統産業。

湾岸の埋立地に、三菱レーヨンの化学プラント、大昭和製紙の製紙工場などが立ち並ぶ工業都市。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 08:38 | 中国・四国の記事

徳島県吉野川市

2004年10月、吉野川中流域の鴨島町、川島町、山川町、美郷村が合併し、吉野川市が誕生した。かつては、伊予街道の宿場町として発展した地区が多い。江戸時代には藍(アイ)の生産地として、明治以降は養蚕の地としても発展した。現在は、野菜、果実の栽培が盛ん。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-28 14:25 | 中国・四国の記事

滋賀県高島市

2005年1月、滋賀県北西部、琵琶湖西岸に位置するマキノ町、今津町、安曇川町、高島町、新旭町、朽木村が合併して高島市が誕生した。安曇川河口には農地が広がり、穀倉地帯となっている。安曇川上流の、朽木は、京都と若狭を結ぶ鯖街道の中央地点で、中継地としてもにぎわった。
f0035016_20344998.jpg

f0035016_20351387.jpg

by citywatch | 2006-06-28 10:13 | 近畿の記事

滋賀県湖南市

2004年10月、滋賀県南部の石部町、甲西町が合併し、湖南市が誕生した。石部は東海道の宿場町としてにぎわった。国道1号線沿いで、名神高速道へのアクセスもよく、湖南工業団地を中心に、工場立地が進んでいる。善水寺、長寿寺、常楽寺など国宝をもつ名刹も多い。
by citywatch | 2006-06-28 10:11 | 近畿の記事

滋賀県草津市

草津市は、滋賀県南西部、琵琶湖の東岸に位置する滋賀県最大の工業都市。かつて草津宿は東海道から中山道が分岐する交通の要衝で、往時には100軒もの旅籠が軒を連ねる宿場町として繁栄した。国の史跡に指定されている草津本陣は、大規模なもので保存状態もよく残されている。草津は琵琶湖の水運を利用した湖上交通の要地でもあった。

京阪神との交通アクセスもよく、電機、機械などの内陸工業が発展している。旧草津川は、土砂の堆積により川が通常の地面より高いところを流れる天井川として知られ、国道や鉄道がトンネルで川底の下を通過していた。2002年6月には、水路が新たな草津川に付け替えられ、旧草津川への流れが停止された。
by citywatch | 2006-06-28 10:04 | 近畿の記事

三重県亀山市

三重県北部、鈴鹿産地の南斜面に位置する工業都市。かつては、亀山藩の城下町、東海道の宿場町として栄えた。2005年1月には、西隣のこれも宿場町として知られる関町と合併した。東名阪、伊勢道、名阪国道、国道1号線が交差する交通至便で要地。シャープが液晶パネルの最新鋭の主力工場を亀山に終結させるなど、電子関連を中心に工場立地も進む。
by citywatch | 2006-06-28 08:08 | 東海の記事