全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

岐阜県海津市

海津市は、岐阜県西南端に位置する都市。2005年3月、海津町、平田町、南濃町が合併して海津市が誕生した。木曽川、長良川、揖斐川の集まる輪中地帯で、水害と河川改修の歴史の街でもある。一帯は、米、野菜など農業がさかんな土地。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:58 | 東海の記事

岐阜県瑞穂市

瑞穂市は、岐阜県南西部、市域の東を長良川、西を揖斐川が流れる。岐阜市と大垣市の中間に位置する田園都市。一帯は濃尾平野北西部の低湿地。2003年5月に穂積町と、巣南街が合併し瑞穂氏が誕生した。岐阜市、大垣市への通勤者が多い。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:52 | 東海の記事

岐阜県可児(かに)市

可児市は、岐阜県南東部、木曽川中流域南岸に位置する工業都市。交通網の整備により、市域の西部、南部を中心に自動車部品、機械、金属工場が立地。名古屋方面へのアクセスもよく、通勤者が多く住宅開発が進んでいる。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:51 | 東海の記事

岐阜県美濃加茂市

美濃加茂市は、岐阜県中央南部の木曽川北岸に位置する工業都市。市の中心地である太田は、かつて中仙道の宿場町。飛騨川が合流する木曽川に合流する地点でもあり、河川交通を利用した木材搬送の要地でもあった。文豪坪内逍遥、歴史学者津田左右吉の出身地としても知られている。

電子関連の企業立地が多く、岐阜県トップの工業生産額を誇っている。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:50 | 東海の記事

新潟県阿賀野市

阿賀野市は、2004年4月、新潟県東部、阿賀野川下流域の4町村が合併して誕生した。会津から流れてくる阿賀野川は日本屈指の水量を誇る大河で、周囲は米どころ。水原地区の瓢湖は小さいながらも、白鳥の飛来地として知られている。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 06:02 | 甲信越・北陸の記事

長野県伊那市

県南部に位置し東に南アルプス、西に中央アルプスがそびえる。その間に肥沃な平地が広がり、市の中央部を天竜川や三峰川などが流れている。近年は電気、精密、機械などの製造業が発達し、農業は伊那米や野菜、花き、畜産の総合産地。「みはらしファーム」は温泉や宿泊施設、レストランなどを備えた農業公園だ。万葉言葉で「良いところ、住みよい場所」を意味する「まほらの里」づくりをめざしている。
f0035016_8591090.jpg


人気blogランキング
by citywatch | 2006-05-01 08:59 | 甲信越・北陸の記事

長野県駒ヶ根市

県南部で伊那谷のほぼ中央に位置する。西に中央アルプス、東に南アルプスをのぞみ「ふたつのアルプスが映えるまち」がキャッチフレーズ。市の中央部を天竜川が流れる。東洋一の中央アルプスロープウエーと駒ヶ根高原、早太郎温泉郷、青年海外協力隊訓練所などがあり、毎年多くの人が訪れる。中央自動車道の開通で関東、中京・近畿方面へのアクセス条件が向上し企業誘致に力が入る。

f0035016_8564660.jpg


人気blogランキング
by citywatch | 2006-05-01 08:57 | 甲信越・北陸の記事

長野県千曲市

長野県北部、千曲川の流域にひらけた都市。長野市の南に隣接する。2003年9月、更埴市、戸倉町、上山田市が合併し、千曲市が誕生した。中心地屋代は北国街道の宿場町で、善光寺詣客などでにぎわった。屋代の東には東日本最大規模の森将軍塚古墳があり、周辺は科学の里歴史公園として整備されている。

市域南部の千曲川河岸には善光寺詣りの精進落としの湯としてにぎわった戸倉、上山田温泉、丘陵地には「あんずの里」がある。
f0035016_8272422.gif


人気blogランキング
by citywatch | 2006-05-01 08:27 | 甲信越・北陸の記事

長野県上田市

長野県北東部に位置、四季を彩る山々に囲まれ、市の中央を千曲川が流れる。年間を通して降雨が少なく、日照時間が多い。戦国時代の名将・真田幸村の父、真田昌幸が上田城を築いた土地として知られる。かつては養蚕業が盛んで、上田紬は日本の3大紬といわれたほど。近年は、県下第3の都市として商工業が発達した。明治、大正、昭和の古い建物が残り、数多くの映画が撮影されている。
f0035016_8141021.jpg


人気blogランキング
by citywatch | 2006-05-01 08:15 | 甲信越・北陸の記事

新潟県小千谷市

新潟市から南へ約70キロ。新潟県のほぼ中央、信濃川の中流部に形成された。かつては三国街道の宿場町。小千谷縮の生産地で魚沼地方の中心都市として発展した。牛の角突きといわれる闘牛や花火、錦鯉も有名だ。

関越自動車道で首都圏と直結し、この立地条件を生かした企業誘致で昼間人口や交流人口が増えた。04年10月の中越大震災では甚大な被害を受けた。
f0035016_12201654.jpg

f0035016_12202970.jpg

人気blogランキング
by citywatch | 2006-04-30 12:21 | 甲信越・北陸の記事