全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:北朝鮮 ( 24 ) タグの人気記事

北朝鮮、再びの核実験

北の核実験については、3年前にも、いろいろ書いた。基本的な構造にさしたる変化はないが、北の技術が向上し、使える核への道が開けつつある。当然、日本の安全保障はそれだけ、脆弱になった。

この3年はなんだったんだろうね。日本では安倍、福田、麻生。米国、韓国も大統領が替わった。この3国の無策はトップの出来の悪さも関係している。中国だけが、腰の落ち着いた対応をとれるはずだったが、相変わらずの時間稼ぎで、宥和的なアプローチに終始した結果が、結局この様に。

現状は、ほとんど最終的で煮詰まった段階にも見える。今の北は、内部事情も関係しているのだろうが、日本、韓国を道連れにアメリカと刺し違えてもいいとまで、思い詰めているような異様さがある。基本は瀬戸際外交だが、必ずしも瀬戸際で止まらくても構わないと考えているのかもな。以前なら巧みな陽動作戦を仕掛けてきたものだが、近頃は強攻突破が目立つ。

もはや、各国とも、中途半端な対応は許されないということだろう。何度も書いているが、核武装(どころか、今や核搭載ミサイル配備も視野)した北朝鮮の存在は、日本の非核戦略の完全な破綻を意味する。この眼前の難題を解決できなければ、オバマの掲げる核廃絶など笑止であり、さらなる核の拡散は確実だ。

実際のところ、日本の選択肢はいくつもない。現下の経済不況ぐらい、まだまだ、ましな方だろう。日本自身が相当な覚悟をしない限り、解決策は見出だせない。これからの3年は過去のものとは、全く異なるものになる。麻生も鳩山も安全保障政策を総選挙の争点にするくらいの迫力が求められるが。せいぜい給付金か。
by citywatch | 2009-05-26 12:46 | トピックス/時事評論
テポドン騒動の週末だったが、分かったことと依然として分からないこと、できたこととできなかったことが一応確認できた。

まず、打ち上げは成功であったのか?北朝鮮による、人工衛星は周回軌道に乗ったという主張は、予定原稿だろうが、アメリカの言うとおり人工衛星に関して、対外発表通りでないからといって、失敗とも言えない。

事前にスケジュールと制限区域を設定して、大体その通りにやっている上。前回に比べて飛距離も延びている。人工衛星がもともとカモフラージュであるとすれば、ほぼ完璧か。本格的な人工衛星の打ち上げを目指すなら、さすがに単独では無理がある。

日本側はどうだったか?前回の発射から肝煎りで整備されたMD。土曜日の連絡ミスはともかく、昨日は発射以降の追尾はまずまずだったという評価。いいデータが取れたんだろうね。

もっとも、発射場所に加え、日取りも方向も事前に示されていたからね。実戦ではそうはいかない。今回の騒動は、まさに、北朝鮮も巻き込んだ日米、南北朝鮮、合同大軍事訓練だった。問題は、どちらが、どれだけ学習することができるかだ。安保理は3年前の再現になるのか。
by citywatch | 2009-04-06 08:33 | トピックス/時事評論
一応ロケットということでいいんだろうね。人工衛星らしきものも積んでいたのだろうから。いつまででも、ミサイル、ミサイルと言っているのも大人気ない。もともと、ミサイルよりロケットの方が広い概念だから。BBCやCNNもロケットの表記だ。政府は飛翔体といってるが、こうなるともっと範囲が広くなる。英語だとFlying objectか。まるでUFOそのものだ。大気圏外にまで到達しているから、素直にロケットでいいと思うがね。

今日は、典型的な花曇の日曜日で、朝から近場に出かけたが、みんなリラックスムード。実際、今回の、打ち上げによって日本の安全保障が、特に脆弱になったということはない。もともとキケンな状況にあるといったほうが正しいか。北朝鮮から日本列島はずっと射程の短いノドンで十分。すでに、何百発も配備している。問題なのは、言うまでもなく、搭載可能に小型化された核だ。

今見たCNNの解説は、ずいぶん的外れだったね。

人気blogランキング
by citywatch | 2009-04-05 13:39 | トピックス/時事評論
Excite エキサイト : 国際ニュース
北は核実験、南は長距離巡航ミサイル。東京や北京を射程に捉えたと自賛しているようだ。日本に対しては、言葉だけの、先制攻撃論や「核の選択」にたいしても、大統領、メディアも大騒ぎだが、ここのところの韓国の軍拡はすざましい勢いだ。半径500kmの円周にすっぽり入る朝鮮半島の国が1500kmの射程で武装とは。誰に対してのものかと問うのもおこがましい。韓国政府が、日本を仮想敵国にしているのは、公然の秘密だからね。これに核がのれば、日本にとってはICBMも同じだ。

一方、日本側はミサイル防衛にしゃかりきになっている。ミサイル防衛などいくらやっても、他国にとっては脅威を感じない代物で、憲法との相性がよく予算もとりやすいのだろう。しかし、防衛産業にとっては、都合がいいが、高いだけで、ほとんど実効性はない。韓国が配備する巡航ミサイルの方がはるかに安くて、信頼性がある。韓国と竹島などをめぐって海上紛争がおきたときには、日本の港も艦船も巡航ミサイルの脅威を感じなければならない。また、いわゆる、先制敵基地攻撃の能力を韓国が保有することになる。

日本のナショナリストの愚かなところは、いつでも言葉だけ威勢のいいことを言っているが、実際には、実現するための方法論がなく、装備もない。軍事力という点では、韓国のほうが、確実に対日打撃力をつけつつある。日本は日米安保で縛られ、米軍を補完する能力は高いが独立した軍としての能力はあまりにも不完全。韓国は米軍撤収を口実に、急速な軍事大国化を突き進んでいる。つじつま合わせの日本の防衛力整備をこれ以上続けていると、北だけではなく、南に対しても無力な存在の自衛隊になりかねない。与野党共に、韓国のミサイル増強に対して警戒の声が出ないのは、なぜだ?

人気blogランキング
by citywatch | 2006-10-25 19:36 | トピックス/時事評論
Excite エキサイト : 国際ニュース
今回の北朝鮮による核実験は米中関係に重大な変質をもたらしたようだ。従来、中国は北朝鮮をアメリカに対するバッファーとして不可欠な存在と考えてきたが、アメリカとの関係が安定したものである限り、異常な北朝鮮の体制の存在こそが、中国の安全と成長を危うくするとの自覚がうまれた。それが、北の核が日本国内で日米安保体制へのクレディビリティー低下、核武装化を防ぎたいアメリカとの間で合意を生んだのだろうね。

しかし、問題はすでに保有が確認された北の核をどうするのかということだ。結果的に北の核を容認することになれば、日本の一人負けという状況にもなり、この不満から、日米関係安保体制にもひびが入りかねない。北の核が容認された時点で、日本にとってのNPT体制は崩壊したも同じで、非核3原則の意味もなくなる。この、日本の当然な不満を米中はどう払拭するのか、ここが焦点になるかもしれない。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-10-20 22:57 | トピックス/時事評論
Excite エキサイト : 社会ニュース
こんなときでも、金正日のプロパガンダしかできない朝鮮総連。哀れな存在だ。しかし、こんな連中を、お咎めなしで認めている日本も結構寛容だね。もちろん、彼らは何の感謝もしていないだろうがね。

まかりまちがっても、在日朝鮮人が多数住んでいるからという理由で、金正日が日本に核を打ち込まないということだけは、ないだろうね。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-10-18 18:30 | トピックス/時事評論
Excite エキサイト : 国際ニュース
ノスタルジックに北朝鮮擁護を続けてきた中国も、ここにきて、金正日北朝鮮の真意を悟り、制裁に本腰をいれたようだ。遅きに失した感もあるが、相当なリスクをとる覚悟を決めたようだ。これで、アメリカと足並みがそろった。当然、金正日政権崩壊も視野に入れているだろう。これによって、中国が負担すること巨大なコストは、アメリカにそして日本が支援することになるはずだ。

これで、焦点は、北のスポークスマンとして機能してきた韓国に移った。いまさら、金剛山観光やら開城工業団地開発など未練がましいのにはあきれるが、現実を直視せず、そんなのんきことをいっている状況はすぐに終わるだろうね。直接の当事者である韓国が、他人事というわけには行かない。さらにいえば、統一への機会も広がってきたと見るべきだ。ここで、主要な関係国である、米、中、日に疑惑の目で見られる行動は慎んだほうがいいと思うがね。

北朝鮮制裁、各国それぞれの思惑と事情
北核実験強行 靖国と拉致で後手後手の日本政府対応
北朝鮮、週末にも核実験? 日中韓首脳会談への嘲笑
朝鮮半島の核 日本の防衛安保戦略の破綻
北朝鮮 ミサイル論議が盛んだが、的外れも多いね


人気blogランキング
by citywatch | 2006-10-17 21:38 | トピックス/時事評論
Excite エキサイト : 政治ニュース
早々と、安倍首相が核の選択をしないと宣言しているだけに、中川政調会長の発言もあまり迫力はないがね。あわてて、否定しているようだが、核武装を唱える声が日本国内にまったくないというのも、朝鮮半島の非核化を実現するのに決してプラスではない。核開発可能な国が自制していることの意味を他国に真剣に認識してもらう必要がある。そのためには、どうせ日本は核の選択をしないんだと、安易に思わせてしまうことは好ましくない。

すでに、なんども指摘しているが、「朝鮮半島の核は、かならず日本の核につながる」「それを避けるためには、絶対に北朝鮮の核は許さない」という意思を関係国が持たねばならない。日本が、「どんなことがあっても核を選択しない」といえば、北朝鮮の核を結果的に是認することにもなりかねない。閣僚でない政調会長としては、この程度のメッセージは、核を望んでいないとしても必要だ。もの分りがいいだけでは、安全は確保されない。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-10-16 22:45 | トピックス/時事評論
Excite エキサイト : 政治ニュース
失敗説も出て、緊迫感が大分薄れてきたようだ。しかし、各国のスタンスもはっきりしてきた。そこで、浮き彫りになるのは、主要関係国の温度差だ。北が、核保有国になって最大の脅威を受けるのは日本だから、日本が、怒りをもっても先鋭的に対応するのは妥当だ。アメリカは、日本の怒りをしっかり受け止めないといけない立場にある。アメリカが日本と共にあり、日米安保が有効に働いていることを示す必要がある。北朝鮮の日本に対する恫喝を阻止するとともに、日本の軍事大国化、核の選択を封じNPTを堅持するためだ。

中国について、識者の判断もずいぶん甘い。。過去の経緯や中朝関係を特別視するあまり、中国の真意を汲み取っていない。「中朝は軍事同盟に基づいた、血盟の関係で見捨てることはありえない。北朝鮮が崩壊して、隣国にアメリカ軍が駐在することを認めない」と20年前と同じ理屈で説明する。しかし、北の核は、インドやパキスタンの核よりも中国にとって危険なものだ。同じように国境を接しているといっても、状況は大いに異なる。北朝鮮は北京をはじめとする中国北部の主要都市に極めて近く、北朝鮮の国境から500km以内に数億人が住んでいる。北の核は、中国の安全保障上、危険極まりない代物なのだ。北朝鮮は核保有をアメリカに対する抑止力といっているが、中国に対してのものにもなりうる。そして、中国もそのことは分かっている。
f0035016_8225648.jpg

弱みは見せたくないだろうが、中国の本音は、北の核は絶対に認めたくない。そして、阻止できるとしたら、今しかないと考えているはずだ。表面的にはアメリカに強硬策を抑制しているが、なんとか、核を放棄させたいはずだ。アメリカに特使を送って、米中で朝鮮半島の将来について、突っ込んだ話をするのだろう。まず、北の核のレベルについて、双方の分析評価を交換し、それをもとに、制裁を体制崩壊につなげるステップにすることで合意を見るかもしれない。その場合、中国が許容できるレベルと、これに対するアメリカの支援もポイントになるだろう。いずれにせよ、かなり生々しい話になるはずだし、そうでなければ、制裁も機能しない。

米中間で、朝鮮半島の将来を見据えた話が進行する一方で、相変わらず韓国の反応は鈍い。当事者としての意識がここまで欠落しているとは驚きだ。この期に及んで、太陽政策の転換にも躊躇するありさま。これを見て、ますます、中国は警戒感を強めるのだろう。そして、朝鮮半島の核は、統一前も、どのような形の統一後も中国のためにならないと再認識する。ようやく、日本と同じ土俵に立つわけだ。

昨日も書いたと思うが、この一週間が、きわめて重要なターニングポイントだ。中国が、形式やメンツではなく、本音で、アプローチすれば、事態は好転する。この件では、日米は、中国の真意を理解し、これを支援すべきだ。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-10-12 22:17 | トピックス/時事評論
Excite エキサイト : 政治ニュース
日テレ初の「2回目の核実験」誤報が、世界中を駆け巡ったようだ。訂正が出るのにも、えらく時間がかかったようだ。さらに、9日の北朝鮮の「核実験」にも疑問が広がった。たしかに、不可思議なことが多い。肝心の北朝鮮での報道ぶりも、らしくない。映像も出てこないし。確かな技術があれば、そろそろ2回目があってもいいはずだが。こうなると、アメリカなどは、北の核開発能力を見透かし、好機とばかりに、政権つぶしに入った気もしてくる。急展開があるのか、不確定要素が多すぎて、予断を許さない状況だが・・・・

人気blogランキング
by citywatch | 2006-10-11 23:46 | トピックス/時事評論