全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今年の夏は東電のおかげで死人が増えそうだ。許せないね。

その東電擁護に終始する経団連。東電が歴代会長を務めていたぐらいの組織でもあるがね。三木谷の退会を支持したい。それにしても、電線屋の会長は、矛先を落ち目の菅に向けて、政官業トライアングルの温存を謀ってるだけだな。
by citywatch | 2011-06-29 12:04 | トピックス/時事評論の記事

羽田の深夜便

確かに、近い。自宅から国際線ターミナルまで、横浜乗り換え京浜急行で35分だった。深夜ともなれば、発着便も少なく、いやもともと少ないか、開いている飲食店もほとんどないが、夜中出発前に食欲もない。

JALのサンフランシスコ便は往きも帰りも混んでたね。往きは、空港アクセスに問題ないが、帰りはかなりきつい。到着が22時半過ぎで、バゲージクレームに時間がかかり、ターミナルを出たのが23時30分だが、ここからANA、JALを回ってとなると、空港出発は結局23時45分。YCATからタクシーを使って、24時20分くらいだったか。当然、道は空いていた。ぎりぎりセーフだが、到着が遅れたりすると羽田からタクシーになってしまう。
いろいろ研究の余地ありだ。
by citywatch | 2011-06-14 07:32 | トピックス/時事評論の記事
イタリアでも国民がノーのレファレンダム。欧州よりも圧倒的に条件の悪い日本の原発再開など、基本的には容認されないと考えるべきだろう。

しかし、グーグルの衛星画像で三陸海岸を見て、海岸線が大きく変わったことに、改めてショックを受けた。陸前高田の名勝高田松原は完全に水没してしまっている。いつの衛星写真かはっきりしないが、相当沈下しているのだろう。新たな災害に対しては全くの無防備状態で心配だ。また、気仙沼は全国からの漁船で賑わった埠頭に船がない。市街地も赤茶けたまま。いずれも、このブログで紹介した魅力的な街。以前の活況が戻ることを祈りたい。
by citywatch | 2011-06-14 07:13 | トピックス/時事評論の記事

Bay area

四年ぶりのサンフランシスコ、ベイエリア。
着いた当座は、異常な低温が続いていたが、ようやく夏が来た。
アメリカのその他地域が記録的なヒートになっているが、全く蚊帳の外状態。

日本のプレゼンス低下はカリフォルニアも例外ではない。
円高の今がラストチャンス。日本にとっての生命線カリフォルニアには、ギブアップできない。


人気blogランキング
by citywatch | 2011-06-10 00:26
サンフランシスコは4年ぶり。何回目だったか。今回は、これまで行けなかったところにも案内してもらった。
f0035016_16265157.jpg
f0035016_16282433.jpg
f0035016_16292276.jpg
f0035016_16300715.jpg
f0035016_16304005.jpg
f0035016_16310722.jpg
f0035016_16314351.jpg

by citywatch | 2011-06-08 16:24 | Cities in the World

プレザントン Pleasanton

プレザントンは、サンフランシスコの東、車で小一時間の田園都市。全米屈指のリッチな街でもある。シリコンバレーも近く、ハイテク、バイオテク企業の研究施設も集積する。
f0035016_16191086.jpg

by citywatch | 2011-06-08 16:13 | Cities in the World

スタンフォード Stanford

言わずと知れた、スタンフォード大学の街。圧倒的なキャンパス。世界にはどれくらいの数の大学があるのか分からないが、私の知る限りダントツのナンバーワン。最高の環境にある大学だと思う。こんなところでならもっと勉強した、できたはずだと誰しも感じるはず。個人的には、東海岸にこだわりすぎた。自分はそうでなかったが、こどもにはこんな環境で思う存分キャンパスライフを過ごしてほしいと、つい思ってしまう。
f0035016_16082075.jpg
f0035016_16095316.jpg
f0035016_16102734.jpg
f0035016_16124601.jpg

by citywatch | 2011-06-08 15:45 | Cities in the World
鳩山の一年前のセリフを思い出した。
「一体、僕って何だったんでしょうね?」

単なる、阿呆だということが、まだ分からないのかね。

自民党の中にも、小沢からのおいしい話を期待した奴がいたはずだ。このまま、ズルズルいくと、金欠で自民党が財政破綻する。長老連中は次の選挙も心もとない。そこへ、小沢の連携話で一発逆転。楽して甘い汁を吸おうと思った奴がダマされるちゅうことか。

国難の中、何の展望もなく、終わってみればとんだ茶番劇。世界中の失笑をかっただけだ。永田町のばかどもは、日本への評価、信頼感を低下させることしか、能がないようだな。
by citywatch | 2011-06-03 07:39 | トピックス/時事評論の記事
政党政治よりも小沢都合が優先する国会。首相の出来が悪いのは、その通りだが、選んだのは誰なんだ。何と言おうが、小沢都合のクーデター続編でしかない。小沢同調者は小沢私党を名乗るべきだな。
by citywatch | 2011-06-02 08:13 | トピックス/時事評論の記事

首相の任期は一年か?

毎年のように、形骸化して久しいサミットへの出席が、首相交代のタイミングになっている。安倍、福田、麻生、鳩山、菅。ここまで来れば一人、一人の資質の問題とも言えないだろう。正統な手続きによって選出されたトップが、出来が悪いというだけで、更迭という事態。しかも、今回は、民主党内造反がらみだ。選挙は怖いが、解散はできないと信じて突っ込む。総選挙になれば、民主党そのものが、崩壊。この恐怖をバネに相手に妥協を迫る。

翻って、国のトップの評価とはどんなものか。期待以上のリーダーなど民主国家には、いないんだがね。出来の悪いのは当たり前。だからといって、任期一年でコロコロ代わることはないし、そのうち様にもなってくる。代えても代えても、うまく行かないのが日本の過去5年。シュリンクする経済社会では、誰がやっても難しい課題が山積。解決策があるのかさえも分からない。で、結局憂さ晴らしが、首相に回ってくるんだろう。

民主党は、政権交代すれば、すべてが劇的に変わるというオカルトスローガンだけで総選挙に圧勝し、これを実現したが、当然ながらマジックはなかった。大震災への対応如何では菅のリーダーシップ評価にもプラス要因だったが、原発というさらに厄介な難題がこれを阻害した。原発対応は、菅政権というより、日本の誤った危機管理体制全体の問題だ。しかし、これを菅のハンドリング問題に帰着させることで、責任を回避したい役所と業界、部数を伸ばしたいメディア、政局化させたい政治家有象無象。

確かに菅は、出来がいいとはいえないが、世襲でない稀有な存在であることだけは事実。ここのところの、世襲、閨閥オンパレードどの貴族政治とは一線を画している。自民党の幹部はオール世襲ジュニア。日本の政治がいかに未熟かを考えさせられる。日本はずっと少なくとも経済社会的には、有事が続いているんだがね。
by citywatch | 2011-06-01 07:57 | トピックス/時事評論の記事