全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

雨の月曜日

最悪だね。
まあ、思い返してみると雨が全く降らない夏だった。暑い、雨は嫌だとい言っているうちに、今年も終わるのか。ちょっと前までは、菅だ小沢だと騒いでいたが、今度は中国か。これはちょっと難問だ。

時間をかけて、書かなければいけないが、如何せん時間がない。で、ポイントだけ。

今回の政府対応に満足している日本人はいないだろう。しかし、一方でどんな対応策があったか、考えつく者もいないだろうね。日本の安保外交で、一番困るのは、政治家も外交官も一般素人も、本質的に同じレベルだということだ。そもそも、外交をその道のプロがやる時代は、とうの昔に終わっている。やっているのは、基本的に形式要件、体裁を整えることだね。

一つはっきりしたことは、日本は政治大国であることを自ら否定したメッセージを全世界に送ったことだろう。もう、国連安保の常任理事国入りを目指すというのは、止めた方がいいんじゃないかね。

話が逸れたが、今回のぶざまな対応はこれまでの積み重ねでもある。前原辺りは安保で一家言あるとの触れ込みだが、防衛省やアメリカの要人と多少つながりがあるだけで、日本の安保政策がなんとかなるというものではない。はからずも、今回、中国が国際政治のレッスンの機会を日本人に提供している。北朝鮮の核問題は今も深刻だが、拉致一辺倒で、ほとんど学習しなかった日本人(繰り返すが、プロも素人も差はない)今度は学べるか。

「東シナ海」に領土問題はないという政府見解を知らなかったレンホウ大臣がバッシングされたが、プロというのは、こういう時に「こんなことも知らないのか」と事情通ぶりを発揮する存在でしかない。なるほど、そんな見解があるのだろうが、それは日本海に領土問題がないという韓国側見解と同じ。しかし、当事者国を除いて、どの国の地図もdisputed island claimed by A and Bということになっている。領土問題はまさに存在する。日本の当局にとって「領土問題はない」のではなく「あっては困る」。だから、あらゆることへの備えもない。

さて、中国が拡大する経済力をバーゲニングパワーにして、ここまで露骨な膨張政策を見せるとなると、曖昧な対応では無理だね。もう、デフレだ、高齢化社会だという泣き言は言ってられない。成り行き任せではなんともならないことは過去20年が証明している。単純だがハッキリした富国強兵策が必要なんだろう。

これも中国からの借り物で情けないが、この教訓を最大限に生かすには「臥薪嘗胆」しかない。今回は丸腰で、軟弱外交もやむなしだったが、「次はそうはいかない」と、どこまで思わせるかが抑止力につながる。当然ながら国民にも覚悟と負担が求められる。中国の短期的な外交的勝利が、寝た子を起こすことになるのか?本当に起きることができるのか?
by citywatch | 2010-09-27 08:12 | トピックス/時事評論

amazonのkindle到着

これは驚き。
何に驚いたかといえば、まず発注から届くまでの日数。木曜の夕方に、日本法人ではなく、本体のamazon.comから注文。で、日曜日の午前中着の早業。発送地はケンタッキーのレキシントンとある。USPの取り扱いだが、すざましい、ロジスティック体制だ。これなら、国内、国外の区別は全くない。

kindleは、薄くて読みやすい。いきなり、家の無線LAN、いや3Gの方か、に接続し、amazonのセンターにアクセス、本人確認(ファーストネームで名前が入る)。基本的に書籍データを買うことになるが、カントやルソーなど古典ものがただで入手できるのはありがたい。有料ものでも大幅に安く、すぐに私設図書館ができる。少なくとも、本棚の積読よりは出番があるだろう。日本語対応ということだが、いまさら日本語にこだわることはない。古典の翻訳は、日本語のものより、英語版のほうがはるかに精度が高い。日本語だけにこだわっていると、情報量にどんどん差がつく。恐ろしいことだ。

人気blogランキング
by citywatch | 2010-09-20 09:05

卑怯者が多過ぎる

一つのルールで戦って、明らかな負けであってもグダグダ、難癖をつける。こんなことが、日本社会の専売特許じゃ困る。アメリカなどじゃ、最低な卑怯者になるんだがね。

メディアがこれを助長する日本。考えるベースがないんだね。野球の試合でも、一時間にわたって抗議する監督。それが実際に正しいかどうかとは別の問題なんだが。決めたルールに従わないと試合にならない。政治に関する選挙はその究極のものだ。選挙は白黒をつけるために金と時間をかけてでもやる。

しかし、それは結果を尊重するという前提があるからだ。気に入らない結果がでたら、従わないんじゃ参加する意味がないし、そんな奴は民主政治を語る資格がない。どんなクソメディアでも最低限のレベルは確保してもらわないと、日本全体のブランド価値が低下する。何を言ってもいいがもう少し議論の質を上げましょう。そんなに、読者も視聴者も阿保じゃありませんよ。
by citywatch | 2010-09-17 21:02 | トピックス/時事評論の記事
菅も小沢外しの覚悟はできたようだ。
選挙に勝ったことで、不名誉な3ヶ月での失脚は免れた。政治家はこいうことを気にする。もう、怖いものはないだろう。で、幹事長に岡田。覚悟さえあれば、なんでもできる。

メディアも政争が好きというか、政治部記者はこれだけが仕事だから、小沢一派の反撃を期待しているんだろう。こっちもなんの進歩もない。

角福戦争、三角大福中といわれたころと同じ。派閥の裏情報をとることが記者としての力量になる。どちらもなんでもありで、取材側と取材対象がぐじゃぐじゃの関係にもなる。見初められて、派閥の後押しで、公認候補になる。

しかし、政治のルールは変わっている。派閥には金が入らない。一方で、政党助成金があり、党には巨額の金が。小沢グループ150人といっているが、かつての田中、竹下の時代でもない。小沢後援会の土建ビジネスは瀕死の状況。どうあがいても金は捻出できないだろう。無官の小沢が、どうメンバーを維持していけるのだろうかね。

何とか政権の枠組みを変えたいところだが、下手な仕掛けもできず、菅内閣の失政待ちでしかない。下手に仕掛けるとそれこそ西南戦争になる。政争メディアは期待しているかもしれないが、今は賊軍の立場。小沢には金も時間もない。小沢は焦っているのか、あるいは、もうほとんどあきらめていて、小沢の影武者が必死にそれを隠しているのか。

メディアや小沢周辺は、それじゃ困るんだろうが、小沢のために日本の政治があるわけじゃない。一番重要なことは、小沢が行政のトップ立っても切り札となる策がないという事実だろうね。選挙前の演説でもあの程度。官僚批判でなんとかなるものじゃない。

結局、当たり前だが、いいとこどりの政策はなく、苦痛、負担をいつか誰かが負うことになる。小沢の前身田中派は後先を考えない大盤振る舞いで、支持を集めた。先食い後払い。右上がり、インフレの時はこれでなんとかなったし、自ら助長したインフレで負担は目減りの恩恵を受ける。

日本が窮状(どこまで深刻かは別に)から、抜け出すためには、これまでと全く別次元の覚悟と負担を国民に求める必要がある。リーダーはこれを主導しなければならないが、小沢には現状認識、政策判断、そしてなにより、国民を説得するという究極のリーダーシップが欠落している。小沢は政争の雄かもしれないが、複雑化した現代社会のトップにあって、国民の信頼を得て大きな舵をきれるほどの資質はない。
今度こそ本当に、さようなら、小沢一郎。
by citywatch | 2010-09-17 08:20 | トピックス/時事評論
選挙前に、さんざん話をした連中とまた同じ話を繰り返す。

何のために、本来必要のない選挙をやったんだ?
選挙は戦争なんだぞ。決着をつけるためにやったんだぞ。
結果は明白に出たんだぞ。
菅は、反小沢だけが評価されての再選なんだぞ。

「善戦した」なんぞ、まったく些末な意味でしかない。
民主政治は数の論理。小沢の言うとおりだ。
首を切りに来た奴に義理立をしているようじゃ、まともな意思決定はできない。
「挙党」は「虚党」でしかない。

人気blogランキング
by citywatch | 2010-09-16 14:25

まず、菅がすべきこと

菅が本気で、まともな政権運営、実行力のある内閣を作りたいのなら、ただちに、次のような宣言を内外に表明すべきだ。

次期菅内閣は本格政権になる。どんなことがあっても、別途発表する政策を実行し、道半ばで自らその地位を辞することはない。首相を解任できるのは総選挙の敗北のみである。

そのためには、小沢との力の差を見せ付け続ける必要がある。必勝必罰は当たり前。クーデターが成功していればどうなったかを考えれば、アメばかり配っていられない。融和路線は絶対破綻する。小沢は敵のままの方が好都合。ただし、敵の勢力は確実に減退させなければならない。どうやって?

簡単なことだ。小沢ならどうするか考えればよい。多分、小泉純一郎も同じことをするだろう。敵が一番嫌がることをやる。非情に徹する。すなわち、次から次へと小沢一派に、正論(党より国、派閥より党の論理、ルールの厳格適用)の踏み絵を踏ませ続ける。一本釣りも効果があるだろう。

小沢一派にいることがメリットどころかデメリットばかりとなれば、求心力もない。無官の立場はつらい。選挙が近づけばなおさらだ。逆ギレで向かって来れば、待ってました。即、反逆罪でお縄にできる。権力は抗争するもの。それでも、昔に比べれば死人が出ないだけましだ。菅には、小泉ほどの覚悟もなくケンカの極意も知らないだろうね。

そもそも、戦いで負けた一派が無傷で勢力を温存できるのは、日本社会の甘えの構造。小沢はことあるごとに、日本の旧弊を変えるというが、自らは責任追及がまるでない生温い日本の政界体質を最大限に満喫してきたんだね。
by citywatch | 2010-09-15 08:01 | トピックス/時事評論

小沢惨敗で神話も崩壊

まずは、民意のない総理が生まれなくてよかった。クーデターは失敗。最後の演説は、決め手にはならなかった。どっちも、ペーパーを読んでいるようじゃなさけない。菅が後攻だったことも波乱の可能性を小さくしただろう。

さて、小沢の今後。表に出たことで好感度を少しは高めたが、逆に失ったものは大きい。相変わらず、話は下手だし、表情を含めたコミュニケーション能力は、とても現代のリーダーになるレベルではない。神秘性のメッキが剥がれたことで、見映えのよくない平凡なおじさんになり下がった。得意のはずの選挙で剛腕を見せるでもなく、頼みの多数派工作も不発。小沢幻想は完全に崩壊した。政策も甘い話のオンパレードで野党の主張。とても実現性を感じさせる議論じゃない。今回の敗北の意味は小沢自身が一番分かっているだろう。

一方、菅は、小沢側に隠し玉がなく、結果的に選挙で圧勝して再選された。権力は戦いに勝つことで強化される。無敵だ。今度は鳩山の禅譲ではなく、あほのアドバイスは不要。挙党態勢、党内融和の声など聞きながせばいい。今だに、小沢の反乱を予測するむきもあるが、できるはずもない。もはや、敵は小沢ではない。とにかく、年末までに具体的な成果を上げることだ。「小沢と鳩山がいないと、これだけ仕事がはかどる」ところを見せられるか。

人事では、クーデターの首謀者、小沢と山岡など家老は、すべて要職から外すのは当然。冷や飯を食わしておけば、小沢組は衰弱死する。200人のうち、最後まで付いて行くのは数十人いるかどうか。そういえば、田中角栄の最後も寂しいものだった。恐怖心で小沢に投票した臆病者のサラリーマン議員は、反省文でも書かせて使うことになるのか。今晩中に大半が寝返っているだろうがね。

この先、どこかのタイミングで、小沢一派が一か八かで仕掛けてきたら、信任投票を求め、これで反旗を翻すようなら、除名の上、即解散総選挙。これで、政界再編成となれば好都合だが。

それにしても、日刊ゲンダイの連日の小沢ヨイショにも呆れた。PR会社の企画に乗ったのか、民意に背を向け小沢幻想を最後まで、維持することに哀れなくらい必死。ジリ貧メディアは、何でもする証左か。赤旗でもここまではやらないだろうね。
by citywatch | 2010-09-14 19:30 | トピックス/時事評論

民主党決戦

主要メディアは当確を打つのを控えているようだ。今日の議員投票動向への影響が大きいのは分かるが、それ程の接戦か。

選挙パフォーマンスとしては、両者とも地味だ。ヒューマンなところを演出するのがいかにも下手で強い共感を得にくい。もっと自分のパーソナルなところも出すべきなんだが、できない日本男子の典型。しかし、必死ということは、あえて弱いところも含めて、何もかもさらけ出すということでもある。この人がここまでやるかというサプライズが一番効果がある。もちろんコントロールしながら。

今日の最後の演説でもそうだ。小沢なら、なぜ今自分は、批判を承知で出馬したのか。過去30年の思いを情感を込めて話ができるか。お涙頂戴でもいい。これをやりたいから憎まれ役を承知で引き受けてきた。日本の統治体制下で、強いリーダーシップを確立するためには、他に方法がなかったということ。これだけは、やりたいから一度まかせて欲しい、と。

菅は、自民党と違う民主党の理念を体現しているのは自分ではないのかということ。自民党政権から何代も続く世襲総理にあってサラリーマンのせがれ、市民活動家としてのバックグラウンド。小沢を攻撃する必要はない、違いを浮き上がらせて民主党議員の良心(あれば)にアピールする。まだ、たった3ヶ月。何もしていない。これでクビというのはあまりに無念で、理不尽という、やはり泣きもある。

ここに及べは、理(政策論)ではなく情だ。人一倍不器用に見える両者、どっちが役者を演じきれるかの勝負だな。この際、本当に男の涙作戦もありだ。泣いてみろ!
by citywatch | 2010-09-14 07:45 | トピックス/時事評論の記事
今回の民主党代表選挙は、まるで過去の自民党総裁選挙を見る思いだ。以前の自民党は、政権交代の可能性すらない状況で、党内派閥抗争が政権争いに代位していた。融通無碍に総裁任期を3年にしたり2年にしたり。政党政治の本家イギリスなどではありえない、政権与党における党首選挙。首相を政党の論理、いや派閥の多数派工作で、総選挙結果と関係なくクビにする。これは、現代社会における実質的クーデターを意味する。

民主党は政権獲得から一年でその域に達しているのか。それにしても全く同じことをやっている。まあメンバーもそれほど変わらないし、先日発表された自民党執行部の顔ぶれをみれば緊張感もなくなるのはやむを得ないか。これは、日本の政治風土か、制度的欠陥か。

そこで思い出したのが、20年以上前に書いた単行本。パラパラとめくってみると、今と同じことが書いある。これは、自分が成長していないのか、日本の政党政治が進歩していないのか。

ちなみに、この本の主張は「日本で政権交代がないのは、突き詰めれば、議院内閣制でありながら中選挙区制という、政党政治という観点からは曖昧な選挙制度を採用しているからだ」という点にあった。その後すったもんだの末、完全ではないが小選挙区制を中心にした選挙制度となり、政権交代も実現した。これは、大きな一歩に思えたのだが。

自民党も民主党も議会政治の勉強と称してイギリスを度々訪問しているが、大した理解には至っていないのは明白。どちらも目先のポストが欲しい。結果として、候補者は全員総理大臣にとりあえずなれる。いわゆるたらい回し状態。そのためには、党首任期は短い方がよく、足を引っ張る口実が多いほどよい。参院選は格好のネタ。負けた方が好都合という与党議員も多いだろう。

2年ごとの党首選挙があって、3年ごとに参院選。もちろん、内閣支持率は毎月発表される。
現代の議院内閣制度は政党政治に依拠せざるを得ず、上手く機能するためには政党自身のルールも政党政治の原理を反映する必要がある。しかし、肝心の党首の地位がこんなに不安定ではね。とりあえず、一度はなってみたい連中にはこれでいいんだろう。佐藤、中曽根、小泉以外は、「なってみました総理」だったな。「結構簡単に総理になれた」と述懐しているかもしれない。

今回小沢は後がないということで、命懸けでやっているようだが、本来権力闘争というものは、勝った方が総取りで負けた方は、即、退場。二度と出てこれないくらいの厳しさがなければならない。挙党体制というのは最大の欺瞞。それが、民主党は同じメンバーでグルグルまわしいている。あいつがなって俺がならないのは許せん程度なんだね。代表選挙の後、少なくとも鳩山、菅、小沢のうち二人は退場してもらわないとね。

しかし、こっちも進歩がない。
by citywatch | 2010-09-13 08:28 | トピックス/時事評論

今朝は富士山

f0035016_7132444.jpg

台風の影響か、空気が入れ替わったようだ。雲は多いが、真っ黒な富士山がスッキリ見える。気温も低めだね。
by citywatch | 2010-09-07 07:13 | トピックス/時事評論の記事