全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch

<   2006年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

同情されない校長の自殺

Excite エキサイト : 社会ニュース
理由は違うが鹿児島でも教師が自殺。未熟だ。とにかく、現実の苦痛を避けるために安易な方法に走る。生きることの意味を否定し、積極的に死を選択することはありうると思うが、苦痛からの逃避としての死は、お粗末だ。教育者としては、もともと適性がなかったということだろうね。安易な教師の死の選択が、生徒の自殺を助長することになれば、さらに罪は重い。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-10-31 21:12 | トピックス/時事評論
Excite エキサイト : 国際ニュース
北は核実験、南は長距離巡航ミサイル。東京や北京を射程に捉えたと自賛しているようだ。日本に対しては、言葉だけの、先制攻撃論や「核の選択」にたいしても、大統領、メディアも大騒ぎだが、ここのところの韓国の軍拡はすざましい勢いだ。半径500kmの円周にすっぽり入る朝鮮半島の国が1500kmの射程で武装とは。誰に対してのものかと問うのもおこがましい。韓国政府が、日本を仮想敵国にしているのは、公然の秘密だからね。これに核がのれば、日本にとってはICBMも同じだ。

一方、日本側はミサイル防衛にしゃかりきになっている。ミサイル防衛などいくらやっても、他国にとっては脅威を感じない代物で、憲法との相性がよく予算もとりやすいのだろう。しかし、防衛産業にとっては、都合がいいが、高いだけで、ほとんど実効性はない。韓国が配備する巡航ミサイルの方がはるかに安くて、信頼性がある。韓国と竹島などをめぐって海上紛争がおきたときには、日本の港も艦船も巡航ミサイルの脅威を感じなければならない。また、いわゆる、先制敵基地攻撃の能力を韓国が保有することになる。

日本のナショナリストの愚かなところは、いつでも言葉だけ威勢のいいことを言っているが、実際には、実現するための方法論がなく、装備もない。軍事力という点では、韓国のほうが、確実に対日打撃力をつけつつある。日本は日米安保で縛られ、米軍を補完する能力は高いが独立した軍としての能力はあまりにも不完全。韓国は米軍撤収を口実に、急速な軍事大国化を突き進んでいる。つじつま合わせの日本の防衛力整備をこれ以上続けていると、北だけではなく、南に対しても無力な存在の自衛隊になりかねない。与野党共に、韓国のミサイル増強に対して警戒の声が出ないのは、なぜだ?

人気blogランキング
by citywatch | 2006-10-25 19:36 | トピックス/時事評論
Excite エキサイト : 社会ニュース
京都市、奈良市では、できの悪い職員連中を野放し状態。福島では、知事が収賄で逮捕か。岐阜では、組織ぐるみで、公費をプールするという横領ざたもあった。ちっとも変わっていないね。そもそも、公務員は公共を名目に私服を肥やすビジネスと定義付けるべきか。つじつま合わせのためには、都合の悪いことは隠蔽、廃棄してもいいというのが暗黙の了解事項だしな。公務員の労務管理が、甘すぎるのは、明治以来か。薩長政権が、士族と身内を優先起用したところから、特権を与えすぎたのかね。軍人向けだった年金(恩給)は国家公務員に、そして、これをそのまま地方公務員にも拡大、でたらめな公務員天国の国家が誕生した。いずれにしても、正義感や倫理感が、特別高い人間の働く職場でないことだけは確かだ。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-10-24 16:52 | トピックス/時事評論

最悪の駅新横浜

f0035016_11482824.jpg

最近、新横浜から新幹線を利用することが多くなったが、この駅にくるたびに腹がたつ。
利用客は急増しているのに設備はローカル駅並だ。もともと何もない畑の真ん中に作っておきながら、最低限度のキャパもない。待合室は常に満杯、座れたためしもない。もちろんレストランもない。
JR東日本とJR東海の確執が影響している気がしてならないが、少しは利用者の利便性を考えたらどうかね。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-10-21 11:48 | 関東の記事
Excite エキサイト : 国際ニュース
今回の北朝鮮による核実験は米中関係に重大な変質をもたらしたようだ。従来、中国は北朝鮮をアメリカに対するバッファーとして不可欠な存在と考えてきたが、アメリカとの関係が安定したものである限り、異常な北朝鮮の体制の存在こそが、中国の安全と成長を危うくするとの自覚がうまれた。それが、北の核が日本国内で日米安保体制へのクレディビリティー低下、核武装化を防ぎたいアメリカとの間で合意を生んだのだろうね。

しかし、問題はすでに保有が確認された北の核をどうするのかということだ。結果的に北の核を容認することになれば、日本の一人負けという状況にもなり、この不満から、日米関係安保体制にもひびが入りかねない。北の核が容認された時点で、日本にとってのNPT体制は崩壊したも同じで、非核3原則の意味もなくなる。この、日本の当然な不満を米中はどう払拭するのか、ここが焦点になるかもしれない。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-10-20 22:57 | トピックス/時事評論

生麦事件の現場 

生麦事件は、薩英戦争につながり、この敗北を契機に薩摩は攘夷から開国へと大きく舵をきった。明治維新における英国の役割にも生麦事件は大きくかかわっている・・・・そんな、誰でも知っている生麦事件の跡はいえば、お粗末な限り。もうお少し何とかならないのかね。

旧東海道とはいえ、まったく名残りはないし、風情もない。海岸側に麒麟麦酒の横浜工場がつながっている。しかも、この跡地とされているところは、実際に、薩摩藩士が切りつけた現場とは違うらしいし。
f0035016_19384049.jpg

人気blogランキング
by citywatch | 2006-10-19 19:39 | 関東の記事
Excite エキサイト : 社会ニュース
こんなときでも、金正日のプロパガンダしかできない朝鮮総連。哀れな存在だ。しかし、こんな連中を、お咎めなしで認めている日本も結構寛容だね。もちろん、彼らは何の感謝もしていないだろうがね。

まかりまちがっても、在日朝鮮人が多数住んでいるからという理由で、金正日が日本に核を打ち込まないということだけは、ないだろうね。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-10-18 18:30 | トピックス/時事評論
Excite エキサイト : 国際ニュース
ノスタルジックに北朝鮮擁護を続けてきた中国も、ここにきて、金正日北朝鮮の真意を悟り、制裁に本腰をいれたようだ。遅きに失した感もあるが、相当なリスクをとる覚悟を決めたようだ。これで、アメリカと足並みがそろった。当然、金正日政権崩壊も視野に入れているだろう。これによって、中国が負担すること巨大なコストは、アメリカにそして日本が支援することになるはずだ。

これで、焦点は、北のスポークスマンとして機能してきた韓国に移った。いまさら、金剛山観光やら開城工業団地開発など未練がましいのにはあきれるが、現実を直視せず、そんなのんきことをいっている状況はすぐに終わるだろうね。直接の当事者である韓国が、他人事というわけには行かない。さらにいえば、統一への機会も広がってきたと見るべきだ。ここで、主要な関係国である、米、中、日に疑惑の目で見られる行動は慎んだほうがいいと思うがね。

北朝鮮制裁、各国それぞれの思惑と事情
北核実験強行 靖国と拉致で後手後手の日本政府対応
北朝鮮、週末にも核実験? 日中韓首脳会談への嘲笑
朝鮮半島の核 日本の防衛安保戦略の破綻
北朝鮮 ミサイル論議が盛んだが、的外れも多いね


人気blogランキング
by citywatch | 2006-10-17 21:38 | トピックス/時事評論
Excite エキサイト : 政治ニュース
早々と、安倍首相が核の選択をしないと宣言しているだけに、中川政調会長の発言もあまり迫力はないがね。あわてて、否定しているようだが、核武装を唱える声が日本国内にまったくないというのも、朝鮮半島の非核化を実現するのに決してプラスではない。核開発可能な国が自制していることの意味を他国に真剣に認識してもらう必要がある。そのためには、どうせ日本は核の選択をしないんだと、安易に思わせてしまうことは好ましくない。

すでに、なんども指摘しているが、「朝鮮半島の核は、かならず日本の核につながる」「それを避けるためには、絶対に北朝鮮の核は許さない」という意思を関係国が持たねばならない。日本が、「どんなことがあっても核を選択しない」といえば、北朝鮮の核を結果的に是認することにもなりかねない。閣僚でない政調会長としては、この程度のメッセージは、核を望んでいないとしても必要だ。もの分りがいいだけでは、安全は確保されない。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-10-16 22:45 | トピックス/時事評論
Excite エキサイト : 政治ニュース
北朝鮮核実験の責任は小泉の愚かな政策、いやスタイルにこだわったせいでもある。それでもなお、小泉か。神奈川はともかくも大阪でもね。何の判断基準もない、ミーハーぶりだね。関西人の厳しいが合理的な批判精神も過去のことか。大阪は、自信を喪失、主流に迎合することで、何もかもが2流になったということでしょうかね。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-10-16 20:05 | トピックス/時事評論