全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch

<   2006年 06月 ( 339 )   > この月の画像一覧

いよいよベスト8の激突です。 組み合わせを見るだけでも、ありがたい感じです。
実際のところ、もう少し、眺めていて、ああだこうだと考えをめぐらせていたい気もする。

準々決勝に進んだ、8か国中6カ国が優勝経験国。だいたい優勝国は全部で7カ国しかないから、歴代優勝国のうちウルグアイを除いてすべての優勝国が残ったことになる。過去、17回のうち、15回の優勝がこのチームからだ。優勝回数はそれぞれ、次の通り。まさに、本命同士の争いとなりました。

ブラジル(5)
ドイツ(3)
イタリア (3)
アルゼンチン(2)
イングランド(1)
フランス(1)

ポルトガル
ウクライナ

そして、いきなり、ドイツ-アルゼンチンの大一番。あわせて優勝は5回。

ドイツは予選リーグで、コスタリカ、エクアドルの中南米勢に圧勝。スウェーデンにも力の差を見せつけました。大会前の日本戦はなんだったんだ。

アルゼンチンも死の組といわれた予選難関のC組で、セルビアを6-0と撃破、オランダとは0-0ながら内容的には優勢だった。決勝トーナメントに入ってもメキシコに快勝。両チームとも勢いがあります。勝ったほうが決勝進出ですかね。いや楽しみ・・・。意外に一方的になるのか。PK決着だけは勘弁してほしい。


イタリア-ウクライナ戦はイタリアが勝負強さを見せそうですが・・・

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-30 23:31 | スポーツ評論
Excite エキサイト : スポーツニュース

まずは、国内選考なんでしょうが、どちらが日本の代表に選ばれても、海外の都市に対抗してのオリンピック開催は難しいでしょうね。それは、日本の多数派工作の下手さを見れば歴然としている。日本の国連安保の常任理事国入りについて、どれくらいの支持があったか覚えてます?とりわけ致命的なのは、アジアからの支持がまったくないことです。

それでも、どちらかといえば、国と一体のイメージが強い東京よりは福岡のほうが、バランスのとれた国づくりという観点からも、日本にとってプラスが大きいでしょうね。アジア諸国にもアピールできそうです。それにしても、石原都知事が、いまになってオリンピック招致とはね。

東京が52年ぶりの開催をというのであれば、街の成熟度においても成長を見せなければなりませんが、どうなんでしょうか?前回より、街も、人も魅力的になったといえるでしょうか?

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-30 20:56 | スポーツ評論
Excite エキサイト : スポーツニュース

JEF千葉といえば、もとは古河電工ですね。古河といえば、歴代の日本サッカー協会のトップを輩出してきた名門クラブ。先々代の長沼健会長(2002年のワールドカップ招致では、共催決定での不本意なシーンが印象的でした)、現在の川淵三郎会長も古河電工出身です。そんな、サッカー界の本流チームだけに、大きな問題にはならないでしょうね。それにしても、オシム以前のJEFは、ちょっと存在感に欠けていました。あっ、横浜マリノスの岡田武史監督も古河電工出身でしたね。

任せる以上は、やりたいようにやらせたい。オシムは監督としては、プロ中のプロですからね。U23で、きっちり2008年北京オリンピックに出場、べスト8以上をめざし、その世代からの押し上げをえて2010年の南アでのワールドカップにつなげればベストですが。やはり、ある程度、理論を語ってもらうことが、日本のサッカー界のためになると思う。フィジカルで勝てない状況が続く以上、頭は大事だ。ところが、試合を見る限り、どうもこちらでも負けてる感じでした。これでは・・・ね。まあ、オシムの手腕に期待しましょ。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-30 20:27 | スポーツ評論
Excite エキサイト : 国際ニュース

まさに、シナリオ通りの会見だったようだ。これ以外のストーリーもありえるはずもないが、予想していたより、若干、日本政府の対応への批判のトーンが強かったような気もする。さらっと、かわすかとも思ったが、めぐみさんについても言及し、北側の模範解答を繰り返した。今回の、再会劇は、日本側のしかけに北側がのって、最終回答の機会にするということなのだろう。その思惑通りに、行くとも思えないが。

一方、拉致問題を国際的に政治問題化し、北を糾弾しているだけでは、重大なポイントを見失う。いかに、異常な政治体制であり、その崩壊を望んだとしても、強力な軍事国家であることは事実。そして、日本にとって、北朝鮮との最大のイシューは、いうまでもなく、核問題にある。残念ながら、ここ何年も、こちらでは何の進展もない。実際のところ、北の核の脅威は、その経済状況が深刻であるにもかかわらず、いやそうであればあるほど、現実的な危機のレベルは高まっているのだが。

実際の被害家族がいて、共感しやすくメディア受けする拉致だけで、政治家、政治勢力が得点を稼ごうとするのも困りものだ。本題の「核」についてまじめに取り組んでもらいたいね。ここが、国家利益の最たるものだ。北の核の問題をめぐっては、日本と中国が最大の不利益を被る当事者そのもの。本来、東アジアの秩序に関して、じっくりと意見交換すべき両国なのだが、小泉政権では、まったく機能しなかった。タイミングも重要な要素だからね。後で大きなツケが回ってことを祈るのみだ。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 21:37 | トピックス/時事評論

岐阜県本巣(もとす)市

本巣市は、岐阜県西部に位置し、岐阜市の北西に隣接する。2004年2月、本巣町、真正町、糸貫町、根尾村が合併して誕生した。市域は南北に長く、根尾川に流域にひろがり、北は福井県、大野市に隣接する。北部根尾にある、根尾谷断層は1891年の濃尾地震によって生じ、上下6mも断層面が地上に露出した珍しいもの。市域南部を中心に、企業立地も進むが、岐阜市への通勤者も多い。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 21:00 | 東海の記事

岐阜県海津市

海津市は、岐阜県西南端に位置する都市。2005年3月、海津町、平田町、南濃町が合併して海津市が誕生した。木曽川、長良川、揖斐川の集まる輪中地帯で、水害と河川改修の歴史の街でもある。一帯は、米、野菜など農業がさかんな土地。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:58 | 東海の記事
山県市は、岐阜市の北に隣接する田園都市。2003年4月、美山町、高富町、伊自良村が合併し、誕生した。市域の84%が森林で覆われている。現在、市域に鉄道路線は通っていない。水資源の豊富な土地柄で、かつては和紙の生産がさかんな土地だった。現在は、農業が盛んなほか、岐阜市にも近く、機械、金属工場が立地する。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:58 | 東海の記事

岐阜県飛騨市

飛騨市は、岐阜県北端、富山県境に位置する都市。2004年2月、神通川の上流、宮川、宮原川流域にひらけた古川町、神岡町、河合村、宮川村が合併し飛騨市が誕生した。神岡は神岡鉱山で知られた土地。神岡鉱山は当初は銀、明治以降は亜鉛、鉛の大産出地だった。

現在は、鉱山跡の地下1000メートルに、ニュートリノ観測の最前線である「スーパーカミオカンデ」が東大宇宙線研究所によって建設され、宇宙誕生のなぞに迫っている。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:55 | 東海の記事

岐阜県多治見市

多治見市は、岐阜県南東端、土岐川流域にひらけた焼物の街。西は愛知県瀬戸市に隣接し、東隣の土岐市とともに美濃焼きの産地。歴史は古く、朝鮮半島から伝わった技術をもとにした7世紀の須恵器の生産に始まる。戦国時代は、茶の湯の浸透とともに志野、織部など美濃焼の人気が高まった。

現在も陶磁器の生産やセラミックの研究開発が盛んだが、名古屋へのアクセスもよく、住宅都市化も進行する。

2007年8月16日、埼玉県熊谷市とともに日本での最高気温となる40.9°Cを観測、多治見は日本一暑い街になった。これまでの記録は、山形市が1933年7月25日に観測した40.8°Cで、74年ぶりの記録更新となる。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:53 | 東海の記事

岐阜県下呂市

下呂市は、岐阜県北東部、飛騨川上流域の温泉観光地。2004年3月、下呂町、金山町、荻原町、小坂町、馬瀬村が合併し誕生した。東部は長野県に隣接する。下呂温泉は有数の温泉地で、約70軒の宿泊施設があり、年間115万人の宿泊客でにぎわう。下呂温泉のほか、市域東端の御岳山麓には、湯屋温泉、下島温泉、濁河温泉がある。濁河温泉は標高1800メートルと全国一標高が高いことで知られる。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:53 | 東海の記事