全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch

<   2006年 02月 ( 138 )   > この月の画像一覧

終了間際に、俊輔のクロスから中田の起死回生ヘッドで、劇的ドロー。
ボスニアはWカップ出場を逃したが、力量的にはベスト16のクラスか。
でかくて、早くて、テクニシャン。今日の試合は、応援団も多くて気合が入っていた。

当然のことながら、クロアチア戦も苦戦は必至だ。失点は最小限にとどめないと勝てない。その点では、中沢が振り切られて、後ろからのファウルでPKでの失点。直後の、右サイド深くからのセンタリングに合わされての失点では、日本のバックス陣のもろさが出た。振まわされて、連続攻撃されると、必ず失点につながっており気になるところだ。

大きさでは、中沢頼みになるが、その中沢もベストに比べてイマイチ精彩がない。一人だけ、不動のレギュラーだと慢心しているわけでもないだろうが。しかし、現実的に中沢の代わりはいない。どのチームもFWには190cmクラスで、かつ、うまい選手がいる。中沢以外にも、大きいセンターバックがいないと不安だ。いまどき、4バックの(いやキーパーを含めて後ろ5人)平均身長が180cmもなくて、敵の185cm以上の複数FWをどうやってとめるのか。小柄だとファールも多くなる、自陣前のセットプレーでも圧倒的に不利だ。

全体に、日本選手は足が速いとはいえないが、せめてサイドには高速の槍になる選手がほしい。もちろんセンタリングの能力も必須だが。結局、日本の得点は俊輔のアシストだった。やはり、ゴール前では、精度がなくては点にならない。

わかったことは、本気で予選リーグを突破に行くなら、徹底的に組織で、システムで戦うしかない。残念ながら、中村のキックを除いて、個人的な技量では、世界トップクラスの戦力はない。対戦チームごとの戦略を立てて、決め事をしっかり作って、それを遂行する以外はなさそうだ。(まさに、それが、トルシエ流の采配だったわけだが)

いや、ボス二アは才能のある選手の宝庫だね。Jリーグにもスカウトしたらどうかね。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-02-28 23:40 | スポーツ評論
前半終了間際、俊輔の左コーナーキックに高原がヘッドであわせて、1-0。
引き締まった、好ゲームといえる。ピッチがややぬかるんでいるようだが、致命的なミスにはつながっていない。

ボスニアはやはり、大型でテクニックもある。決定力に難がありそうだが、クロアチアのシミュレーションとしては申し分ない。なんといっても、旧ユーゴだ。セルビア、スペインともW杯予選でも接戦を演じている。

さて、日本チームは、先発で海外組みが中田、中村、高原の3人だけ。そろそろ、本番を意識しての起用か。加地以外はまずまずの動きといえるかな。サントスも珍しくいい。福西もグッド。しかし、ヨーロッパのチーム相手に、敵ゴール前で、細かいパスは、簡単に通らない。なるだけ、パス回しの数を選らして、早めにシュートをしてもらいたいね。

中田、俊輔のロングパスの精度はさすがだね。加地は今のセンタリングレベルだとクビだ。
さて、後半は、大黒、柳沢、松井、小野など続々控えが出てくるか。稲本はどこで使う。バックスもいろいろ試したいね。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-02-28 22:29 | スポーツ評論
インド相手に、ゆるい試合で、6-0で勝っても何の評価にもならない。
今日のボスニア戦が本当のテストだな。

何点取れるか。期待はやはり、久保かね。ドイツだから高原も気合が入ってるとは思うが。
欧州組みの入ったMF、中田、中村は万全か。
長身選手が中沢一人の4バックも不安だね。
サントス、加地の両サイドは機能するかな。

さあ、チェックだ。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-02-28 21:22 | スポーツ評論

民主党永田議員現る

ついに出てきました。永田議員。気を持たせて出てくるところなどは、大物です。

さて、2時45分からのお詫び会見ですが、深々と何度も頭を下げるところだけが印象的でした。中身は、何もなかったですね。国民などへのお詫びは何度もあったが、武部氏とその家族への直接的な謝罪はなかったような気がする。

もったいをつけて話をしていましたが、結局、胡散臭いフリー・ジャーナリストの話をそのまま鵜呑みにしたということです。結局、こうした場合は、ひたすら、自分が馬鹿だった、軽率だったというオチしかないんですね。余計なことを言うと、かえって、批判を招く。見ているほうも、馬鹿だと烙印を押して納得する。メールには疑いが残っている点を示唆し、少しは意地も見せていたが、潔くない、弁解がましいと受け取る向きもあるだろうね。

その後、民主党は永田議員本人の半年間の党員資格停止、野田国対委員長の辞任という、処分を発表。これで、一件落着といきたいところだろうが、前原党首へ責任論が及ぶの回避したいという意図が、最初からミエミエで、十分なみそぎになったとは誰も思わない。

はっきりしていることは、今回の一件で、前原民主党の戦闘能力は大幅ダウンになったこと。ジリ貧だった小泉政権に、塩を送ってしまった。これによって、小泉政権への揺さぶりは、野党ではなく、またもや検察頼みになるんでしょうね。どこに権力があるのかが見えてきます。これも困ったことです。それにしても、自民党も民主党も、どんな形で、9月を迎えるんでしょうか?

ところで、昨年の総選挙で話題になった、民主党お抱えの外資PR会社は今回の危機管理ではどう機能したんでしょうかね。もしまだ、契約が続いているとしたら、うまいハンドリングではなかったですね。企業も同じですが、トラブルそのものよりも、これをどう処理できるかが、リーダーや組織の能力であり、そこをみんな注目しているわけです。民主党の未熟さが露呈しました。日本にとっても不幸なことです。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-02-28 18:48 | トピックス/時事評論

茨城県石岡市

茨城県のほぼ中央、水戸市と土浦市の中間にあたり、東京都心からは約70km。西に筑波山、東に霞ヶ浦を臨む台地に開け旧石器、縄文、弥生時代の遺跡や古墳が多い。

奈良時代には国府が置かれるなど、古くから政治、文化の中心地となってきた。市内に整備された「常陸風土記の丘」で古代へタイムスリップできる。県内最大の酒、みそ、しょうゆの醸造地として発展し「関東の灘」と呼ばれた酒どころでもある。
f0035016_17145948.jpg

人気blogランキング
by citywatch | 2006-02-28 17:15 | 関東の記事

茨城県ひたちなか市

県都・水戸市に隣接し、東は太平洋に面している。13kmに及ぶ海岸線と背後地を基盤に水産加工のほか企業立地が進み、先進工業都市として躍進した。「国際港湾公園都市」を将来像に掲げ、国際的な流通拠点都市、高度技術産業集積都市、レクリエーション・リゾート都市としての機能集積をめざす。国営ひたち海浜公園や常陸那珂港、工業団地などの開発が進められている。
f0035016_1755055.jpg

人気blogランキング
by citywatch | 2006-02-28 17:06 | 関東の記事

栃木県小山市

恵まれた自然環境と古い歴史を有し栃木県南の中枢都市として発展してきた。江戸時代は日光街道の宿場町。佐野、栃木、結城、壬生などへの脇道が分岐し、市の中央部を流れる思川舟運で河岸もにぎわった。

現在は国道が南北の4号と新4号、東西の50号、鉄道は東北新幹線や東北本線、両毛線、水戸線が東西南北に走る。東京から約60kmの立地。工業団地や宅地造成が進み、都市機能が強化された。
f0035016_171275.jpg

人気blogランキング
by citywatch | 2006-02-28 17:01 | 関東の記事

栃木県佐野市

栃木県南西部、渡良瀬川の北岸に発展した佐野藩の城下町。2005年2月、田沼、葛生の2町を合併し、人口が12万人を超え、市域も北に大きく拡大した。

佐野厄除け大師として知られる春日岡山惣宗寺には、正月になると、百万人の厄払いの参詣者が訪れる全国でも有数の初詣スポットになっている。日本の社会運動の先駆的事例である足尾鉱毒事件で尽力した田中正造の旧宅も保存され公開されている。
f0035016_16555665.jpg

人気blogランキング
by citywatch | 2006-02-28 16:56 | 関東の記事

埼玉県吉川市

埼玉県南東端、中川東岸に位置する。市の東は江戸川を隔てて千葉県流山、野田市に隣接する。市域の大部分は低湿な平坦地で、米作が盛ん。かつては、河川の水運を利用した米の集散地でもあった。なまず料理など川魚料理が特産物になっている。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-02-28 16:31 | 関東の記事

埼玉県鶴ヶ島市

埼玉県中央南部に位置、圏央道が関越自動車道と交わる交通の要地で工場立地に加え、物流の拠点としての重要性も高まっている。市の北端、若葉駅前の旧陸軍坂戸飛行場跡地は、集合住宅や、商業施設の集積が高まっている。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-02-28 16:30 | 関東の記事