全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:東海の記事( 100 )

三重県いなべ市

三重県最北端に位置し、岐阜県、滋賀県と県境を接する。2003年12月、鈴鹿山脈東の員弁川流域の4町が合併して、いなべ市が誕生した。名古屋方面へのアクセスがよく、自動車関連を中心に工場立地も進んでいる。もともと、南に面した斜面が多く、お茶の栽培が盛んな土地だったが、市域北部の丘陵地を中心にゴルフ場が多数営業している。
by citywatch | 2006-06-28 08:09 | 東海の記事

三重県亀山市

三重県北部、鈴鹿産地の南斜面に位置する工業都市。かつては、亀山藩の城下町、東海道の宿場町として栄えた。2005年1月には、西隣のこれも宿場町として知られる関町と合併した。東名阪、伊勢道、名阪国道、国道1号線が交差する交通至便で要地。シャープが液晶パネルの最新鋭の主力工場を亀山に終結させるなど、電子関連を中心に工場立地も進む。
by citywatch | 2006-06-28 08:08 | 東海の記事

三重県熊野市

三重県南部に位置し、太平洋に面する。市域の85%が山林で古くから林業の盛んな土地柄。市の北部はリアス式海岸、南部は七里御浜の砂浜が続く。

2004年7月、熊野古道が「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録された。熊野市を通る、熊野古道伊勢路は、伊勢参りの後に、熊野三山や西国三十三所詣でに向かう巡礼の道で、江戸時代ににぎわった。
by citywatch | 2006-06-28 08:07 | 東海の記事

三重県尾鷲市

三重県南部、太平洋に臨む林業と漁業の街。市域の90%が山林。尾鷲から奈良県大台ケ原にかける一帯は、東南斜面で、年間降水量が4000mmを超える日本有数の多雨地帯として知られ、「尾鷲ヒノキ」などの森林資源に恵まれる。

リアス式海岸をもち、近年はマダイなどの養殖の出荷が多くなっている。
by citywatch | 2006-06-28 08:05 | 東海の記事

愛知県弥富市

愛知県の西端で、三重県との県境、木曽川河口の東に位置する低湿な土地柄で、過去に多くの洪水被害の歴史もある。2006年4月、海部郡弥富町が、十四山村を合併し、弥富市となった。市域の北を東名阪自動車道、南を伊勢湾自動車道が横切り、計3つのインターチェンジがある。湾岸は、名古屋港の一部を構成し産業化が進む。

日本一の金魚の養殖地、白文鳥の特産地としても知られている。
by citywatch | 2006-06-28 07:44 | 東海の記事

愛知県北名古屋市

2006年3月、名古屋市の北に隣接する西春日井郡師勝町と西春町が合併し、北名古屋市が誕生。名古屋都心に近いが、都市化の進行が緩やかで、最近まで農地も残っていた。非常にフラットな地形。交通至便で、物流の拠点化も進む。
by citywatch | 2006-06-28 07:34 | 東海の記事

静岡県藤枝市

藤枝市は静岡県の中央部、瀬戸川流域にひらけた東海道の宿場町で、田中藩の城下町。市域は南北に長く、北部は、瀬戸川沿いの渓谷地。田中城は、かつて今川氏を破って手に入れた武田信玄の駿河、遠江に置ける拠点でもあった。

静岡市への交通アクセスがよく、通勤者も多いが、市内には薬品、化学、食品工場が多数立地する。

藤色のユニフォームでおなじみの藤枝東高校はサッカーの強豪として知られる。あのゴン(中山雅史)の出身校でもある。
by citywatch | 2006-06-27 23:50 | 東海の記事

岐阜県羽島(はしま)市

岐阜県南西部、東に木曽川、西に長良川を見る河岸にひらけた街。木曽川を介して東は愛知県に接する。伝統的に繊維産業がさかんな土地柄。できた当時は、まったくの水田の中に建設された新幹線岐阜羽島駅は、依然として岐阜県唯一の新幹線停車地。羽島は、名神道のインターもある交通の要地。
f0035016_15194234.jpg


人気blogランキング
by citywatch | 2006-02-16 15:20 | 東海の記事

愛知県清須市

2005年7月、西春日井郡西枇杷島町、清洲町、新川町の名古屋市の北西に隣接する3町が合併して、清須市が誕生。清洲は、信長の勢力拡大拠点であった清洲城で知られる。本能事変の後には、織田家家臣が非常召集され、善後策を協議した「清洲会議」も行われた。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-02-16 14:55 | 東海の記事

愛知県愛西市

2005年4月愛知県西端、木曽川東岸に位置する、佐屋町、立田村、八開村、佐織町が合併し愛西市が誕生した。一帯は、木曽川、長良川、揖斐川の合流する低湿地帯で、かつては洪水被害の常習地帯。現在は、近効農業が盛んな土地。イチゴやトマト、ハナショウブ、レンコン、ショウガなど特産物が多い。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-02-16 14:54 | 東海の記事