全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:東海の記事( 100 )

岐阜県飛騨市

飛騨市は、岐阜県北端、富山県境に位置する都市。2004年2月、神通川の上流、宮川、宮原川流域にひらけた古川町、神岡町、河合村、宮川村が合併し飛騨市が誕生した。神岡は神岡鉱山で知られた土地。神岡鉱山は当初は銀、明治以降は亜鉛、鉛の大産出地だった。

現在は、鉱山跡の地下1000メートルに、ニュートリノ観測の最前線である「スーパーカミオカンデ」が東大宇宙線研究所によって建設され、宇宙誕生のなぞに迫っている。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:55 | 東海の記事

岐阜県多治見市

多治見市は、岐阜県南東端、土岐川流域にひらけた焼物の街。西は愛知県瀬戸市に隣接し、東隣の土岐市とともに美濃焼きの産地。歴史は古く、朝鮮半島から伝わった技術をもとにした7世紀の須恵器の生産に始まる。戦国時代は、茶の湯の浸透とともに志野、織部など美濃焼の人気が高まった。

現在も陶磁器の生産やセラミックの研究開発が盛んだが、名古屋へのアクセスもよく、住宅都市化も進行する。

2007年8月16日、埼玉県熊谷市とともに日本での最高気温となる40.9°Cを観測、多治見は日本一暑い街になった。これまでの記録は、山形市が1933年7月25日に観測した40.8°Cで、74年ぶりの記録更新となる。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:53 | 東海の記事

岐阜県下呂市

下呂市は、岐阜県北東部、飛騨川上流域の温泉観光地。2004年3月、下呂町、金山町、荻原町、小坂町、馬瀬村が合併し誕生した。東部は長野県に隣接する。下呂温泉は有数の温泉地で、約70軒の宿泊施設があり、年間115万人の宿泊客でにぎわう。下呂温泉のほか、市域東端の御岳山麓には、湯屋温泉、下島温泉、濁河温泉がある。濁河温泉は標高1800メートルと全国一標高が高いことで知られる。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:53 | 東海の記事

岐阜県瑞穂市

瑞穂市は、岐阜県南西部、市域の東を長良川、西を揖斐川が流れる。岐阜市と大垣市の中間に位置する田園都市。一帯は濃尾平野北西部の低湿地。2003年5月に穂積町と、巣南街が合併し瑞穂氏が誕生した。岐阜市、大垣市への通勤者が多い。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:52 | 東海の記事

岐阜県可児(かに)市

可児市は、岐阜県南東部、木曽川中流域南岸に位置する工業都市。交通網の整備により、市域の西部、南部を中心に自動車部品、機械、金属工場が立地。名古屋方面へのアクセスもよく、通勤者が多く住宅開発が進んでいる。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:51 | 東海の記事

岐阜県美濃加茂市

美濃加茂市は、岐阜県中央南部の木曽川北岸に位置する工業都市。市の中心地である太田は、かつて中仙道の宿場町。飛騨川が合流する木曽川に合流する地点でもあり、河川交通を利用した木材搬送の要地でもあった。文豪坪内逍遥、歴史学者津田左右吉の出身地としても知られている。

電子関連の企業立地が多く、岐阜県トップの工業生産額を誇っている。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:50 | 東海の記事

岐阜県恵那市

恵那市は、岐阜県南東部の木曽川流域に位置する工業都市。中心部の大井は、江戸時代には、中山道の宿場町としてにぎわった土地柄。2004年10月、南に隣接する、岩村町、山岡町、明智町、上矢作町、串原村を合併し、市域を南に広げた。木曽川にかかる大井ダムは、1924年日本初のダム式水力発電所として建設されたもの。ダムによって恵那峡が誕生した。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:48 | 東海の記事
瑞浪市は、岐阜県南東部、土岐川の上流域にひらけた陶磁器の街。美濃焼から、「みずなみ焼」ブランドの確立をめざしている。市域は、新生代(2000万~1500万年前)の化石が多く発見される土地柄で、化石博物館で展示している。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:46 | 東海の記事

岐阜県美濃市

美濃市は、岐阜県中央部、長良川の中流域東岸に位置する商工業都市。「美濃紙」で知られる、伝統的な紙づくりの街。江戸時代には、上有知(こうずち)と呼ばれた土地で、長良川水運の物資集散地として繁栄した。現在も、「うだつ」のあがる街並みが残されている。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:44 | 東海の記事

岐阜県高山市

高山市は、岐阜県北部の山間に位置する飛騨地方の中心都市。高山城の城下町。2005年2月、周辺の9つの町村を合併し、市域が2,000平方キロメートルを超える広大なエリアを持つことになった。面積2,179平方キロメートルは東京都(2,187)の広さにほぼ匹敵し、大阪府(1,893)、香川県(1,876)よりも広い。

高山は、古い町並みを主要な観光素材としてアピールした先駆都市。春と秋の2度の高山祭り、朝市などの人気イベントに加え、北アルプス、白川郷への登山・観光拠点としてもにぎわう。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 20:40 | 東海の記事