全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:スポーツ評論( 120 )

横浜 vs 阪神

f0035016_14574673.jpg

横浜の貧打は深刻。筒香以外は相手投手にとっちゃ全くの安パイだね。驚いたのは、2、3年前に比べて阪神ファンの割合が大幅に減ったこと。以前は6割以上は阪神で、一塁側も黄色かった。横浜のファンが増えたのだが、この試合内容じゃいつまで続くか。7回表まで、5ー0。点が入りそうもない。
試合は結局、3-8。九回裏に、少しばかり、反撃して意地で3点返しただけはよかったが、総じてチーム力の弱体さが目立った。

by citywatch | 2016-04-03 14:57 | スポーツ評論

横浜スタジアム

今日は阪神に、0-5の完敗。天気同様、お寒い試合も、まあいいでしょう。
明日は、今季初観戦。投手戦はもういいので、ぼかすか打ってほしい。
f0035016_20383392.jpg
人気blogランキング
by citywatch | 2016-04-02 20:39 | スポーツ評論
ようやく、本決まりですかね。このブログでも、大義のない東京ではなく、メッセージ性のある広島・長崎との主張だから、全面的に支援したい気持ちだ。

人気blogランキング
by citywatch | 2009-10-11 20:52 | スポーツ評論

リオ、リオ、リオ

近年になく、まともなオリンピック開催地決定になった。投票シーンを東京敗退までテレビで観戦したが、なんとも風変わりな選出なんだね。

最大のサプライズは、もちろんシカゴの初戦敗退。声がないというのがピッタリ。選出方法が、なじみのないものだけに、しばらく、何が起こったのか分からない。シカゴのサポーターは凍り付いていたね。東京は惨敗にはならなかったいうだけで、もともと勝ち目はない。南米で初の大義が石原、サマランチ、デイリー(シカゴ市長)といった似た者キャラの思惑を打ち砕いた感じだ。IOC委員も結構まともじゃないか。

それにしても、オバマ効果不発がもたらすインパクトは、世界的にもアメリカ国内的にも大きい。アメリカのファーストカップルは、もはや世界のそれではないことが如実に。オバマ政権にとっては、さらに深刻で嫌な予兆になりそうだ。これまで控えられてきた政権批判は露骨になり、支持率でも確実に後退局面に入りか。オバマの嫁へのネガティブ報道は確実に増えるだろうしね。

そして、東京への痛烈なメッセージでもある。今でも、日本では東京といえば泣くこも黙るかもしれないが、世界的にはその地盤沈下が鮮明。金を集める力が弱まった東京は、落日国家の首都でしかない。コンパクト、環境を唱えても説得力はない。もう、東京で勝負する時代じゃない。勝ちに行くなら、HIROSHIMAだ。HIROSHIMAはそれだけで強力なメッセージ性がある。
by citywatch | 2009-10-03 09:16 | スポーツ評論

石原慎太郎最後の戦いも

2016年オリンピック開催地は今晩決定ということだが、本命リオ・デ・ジャネイロをオバマ夫妻のシカゴが猛追。で、東京とマドリードは、どちらが一回戦敗退ということらしい。

石原が、なぜここまで、招致に熱心だったのかよく分からない(それなりに推測はできる)が、刺激的発言を売りにした日本国内のローカルヒーロー。平和だの環境を唱えた途端に、メッセージ力の乏しさは歴然。日本語媒体だけで受けているナショナリストの限界が透けて見える。

もちろん、デフレからの脱却のためにも、東京オリンピック2は、期待したいところだが。お隣り中国の徹底した富国強兵、国威発揚政策を見せつけられてばかりじゃ身がもたない。日本語媒体に留まらないスケールの大きなナショナリストが必要か。
by citywatch | 2009-10-02 08:08 | スポーツ評論
かなり露骨に冷淡だったね。ESPNのネット版では、トップニュースでもなく、必要最小限度の露出にとどめていた。なるほど、MLBのホームページは、大々的な扱いで、9年連続200の数字は、その価値を知る人間にとってはとてつもない大記録との認識はある。

弁解する訳じゃないが、東海岸の連中にとっては、シアトルの弱小チームであるマリナーズは地球の裏側のチームも同じだからね。時差もあるから、寝る頃に試合が始まる。朝刊には結果が間に合わないため、親しみも出てこない。そこで優勝に関係なくコツコツ数字を積み上げたのがイチローということになる。

一方、常々思うことだが、野球というのはとことん数字にこだわるスポーツだね。100年以上前の記録が残っていて、これと現代の記録が同列で比較される。数字マニアのアメリカ人と話をすると大変だ。こちらも、過去の記録をアルマナックで少々マスターしているからね。軽く話を向けると、これが呼び水となって、永遠に続く。この際、アメリカ人の記録好きにも敬意を表したい。
by citywatch | 2009-09-15 08:21 | スポーツ評論

東京のオリンピック招致

天候には恵まれた。季節柄も最高だった。しかし、インパクトはイマイチといったところか。コンパクトが売り物じゃ、迫力に欠けるし、東京らしくもない。もう少し、東京でやる歴史的意義といった仰々しさがないのか。石原はそこだけは適任かと思ったがね。結局、電通主導なんだろうが、所詮、規模と政治力で圧倒できるドメスティックだけで勝負してきた代理店だからな。

冷静に見ると、東京でなければない理由は希薄だ。まあ、ロンドンもそうだが。こちらはきっと、開催地決定時期にバブル絶頂期であったことが幸いしたんだろう。今ならありえない選択だ。

東京の売り物は、秋葉原など特定の階層に受けることはあっても、オリンピック委員はエスタブリッシュメントだからね。そうなると、やはり日本の首都という以外に売り物はない。都市としては、巨大さの割に発信力がない。今世界にアピールすべき日本の代表として東京はどうなのか。石原も国内選考では、東京の巨大さを一枚看板にしていたんだが。

伝統的な日本でしか戦えないなら、東京は不可だし、平和日本というなら広島、長崎の方が遥かにキラーコンテンツになる。環境・エコはあまりにも普遍的価値になりすぎて、勝負するポイントじゃなくなってきている。東京そのもののアイデンティティが問題ということか。
by citywatch | 2009-04-20 07:49 | スポーツ評論
何とかならないのかね。
今年は、ちっとは期待できると思ったが。昨年よりもひどいのか。
f0035016_20414592.jpg

まあでも、今夜は見事な満月。天気もいいし、株価も大きく上げました。
人気blogランキング
by citywatch | 2009-04-09 20:43 | スポーツ評論
日本と同組グループ1。
オーストラリアが、後半、日本でもおなじみのケネディ、キーウェルの得点でズベキスタンに快勝。勝ち点13に。もうすぐ始まるバーレーン、カタール戦が引き分けなら、本線出場決定。この試合に負けた方は、ウズベキスタンとともに、2位での通過はなくなる。日本も当確みたいなものだが。

一方のグループ2では、南北朝鮮がソウルで激突。首位を走る北朝鮮は引き分け狙いで、守り重点の戦いだったが、最後にフリーキックに沈んだ。これより前、後半北朝鮮には幻のゴールがあった。防戦一方から、速攻で、右クロスにあわせた絶妙なシュート。韓国ゴールを割ったように見えたが、ゴールは認められなかった。重要な一戦だったが、試合そのものは結構淡々と進んだ感じだ。北朝鮮もクリーンな試合態度。その分、相手に対する威圧感はなかった気がする。こちらのグループは、南北朝鮮が一歩リードだが、まだ分からない。

日本では、甲子園準決勝。左右の本格派投手を擁する2校が決勝に進出。
清峰(長崎)×花巻東 
数多く出場した甲子園でのブランド校が敗退する中、ローカル高校が、共に横綱相撲での勝ち上がり。歴代の優勝チームと比べても全く遜色がない。豪腕投手を中心に安定した戦いぶりを見れば、東西の優勝候補がそのまま決勝に駒を進めたという印象もある。それにしても、小技で揺さぶる、いやらしい野球は、最近、はやらなくなったのかね(かつて、江川がバント攻めにあったように)。両校とも圧倒的な投手力がありながらも、決して貧打線ではない。この辺も、0-1で辛酸をなめたかつての悲運のエースとは違う。明日は明暗が分かれることになるが。
結果がどうであれ、両投手とも大変な逸材。

人気blogランキング
by citywatch | 2009-04-01 23:04 | スポーツ評論
試合は、バーレーンDFの完璧なバックヘッドでゲットした一点を守りきっての辛勝。
終わってみれば、勝ち点11の安全圏。全く見せ場のない凡戦だが、日本も予選通過のノウハウだけはマスターしたようだ。本戦での3戦全敗阻止のため、新戦力発掘にも力を入れてくれ。今のメンバーの半分は入れ替えるべきだろうね。

タシケントでは、最下位ウズベキスタンがカタールに4-0で完勝。上位と下位グループが完全に分離した。グループ1の現時点での勝ち点は
日本  11
豪(4試合)   10 
ウズベキスタン、バーレーン、カタール 4
全くの無風になった。日豪以外はもはや、3位争いが焦点だな。

一方のグループ2は、北朝鮮が勝ち点10で首位に。テヘランでは、イラン-サウジの死闘があり、サウジが逆転勝ちで、勝ち点7。イランは6のままで苦しくなった。試合のなかった韓国が8だが、早くも今週水曜日には、ソウルで南北対決。北朝鮮が勝ては、当確か。ミサイル問題とのリンクもあって、目が離せない。こちらのグループは最後まで厳しい試合が続く。3位に入るのも大変だ。天国と地獄だね

人気blogランキング
by citywatch | 2009-03-29 06:58 | スポーツ評論