全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:甲信越・北陸の記事( 92 )

石川県金沢市

加賀前田藩百万石の城下町も、もともとは、本願寺門徒の拠点だあった金沢御坊がルーツ。ここに前田利家が城を構えたことで、地域の政治・経済・文化の一大中心地になった。江戸時代を通じて、江戸、大坂、京都に次ぐ大都市だった。戦火を免れ、古い町並みとともに、伝統文化も残り観光地としても人気。

加賀友禅、加賀蒔絵、金箔細工など高度な伝統工芸などで存在感を持ち、都市のアイデンティティは強固。
2015年3月に、北陸新幹線が金沢まで延伸。内外の観光客でにぎわう。
f0035016_662172.jpg

f0035016_65317.jpg

f0035016_675558.jpg

人気blogランキング
by citywatch | 2016-02-28 23:30 | 甲信越・北陸の記事

新潟は古町

f0035016_16112059.jpg

カラオケでおなじみ、新潟随一の歓楽街古町。万代橋も必須でした。こちらは後ほど。
by citywatch | 2008-07-19 16:11 | 甲信越・北陸の記事

かつては鉄道の街、新津

鉄道の街だった新津が新潟市に編入されたのは2005年3月のこと。
いまや、鉄道の街という面影もない。かつて、信越本線、羽越本線、磐越西線が分岐する鉄道の要衝だったことは、もはや、ほとんど知られていないね。
f0035016_2252016.jpg


人気blogランキング
by citywatch | 2008-07-19 14:44 | 甲信越・北陸の記事

新潟県加茂市

f0035016_1414698.jpg


期待して降りました。越後の小京都のはずでしたが、駅前は御多分にもれず、シャッター商店街がつながってました。
f0035016_15441647.jpg

by citywatch | 2008-07-19 14:14 | 甲信越・北陸の記事

新井(妙高)

なぜか気になっていた、信越線新井駅でおりました。実際のところ、下車する時には、かなり躊躇しましたが・・・・

f0035016_1548293.jpg

期待に違わず、何もありません。景観がダメなので、かろうじて、開いている店で、ビール。
聞き込みによると、新井は、豪雪で知られる高田以上の雪が降るとのこと。ここ一二年は、大雪には、なっていないらしい。

年配の客は、終始パチンコの話で盛り上がってました。これが、地方の現実ということか。
by citywatch | 2008-07-19 11:13 | 甲信越・北陸の記事

まずは長野

f0035016_9153342.jpg

やはり、少しは涼しいですかね。
それにしても、東京から2時間足らずとはね。隣に乗り合わせた、信州出身で新宿在住の82歳のおばあさんと世間話をしたのが、最大の旅情感でした。
by citywatch | 2008-07-19 09:15 | 甲信越・北陸の記事

石川県小松市

石川県南西部の工業都市。古代には、加賀国の国府が置かれたた。江戸時代、加賀藩の三代藩主前田利常が小松城に隠居することを機会に発展する。市域西部には航空自衛隊と民間が共用する、3000メートル級滑走路を持つ小松空港の街としても発展する。

建設機械メーカー、コマツの創業の地で、主力の粟津工場が立地しブルドーザー、パワーショベルが生産されている。市域北部には、歌舞伎「勧進帳」知られる安宅の関があり、南部丘陵地には加賀4温泉郷のひとつ粟津温泉があり、近くには多目的使用の開閉式ドーム、小松ドームが建設されている。
by citywatch | 2006-07-15 21:14 | 甲信越・北陸の記事

福井県敦賀市

福井県南部、敦賀湾に面した古くからの港湾都市で、嶺南地方の中心地。古代から大陸との交流が盛んで、渤海からの使節を迎える「松原客館」が置かれるなど、海陸交通の要地。都と北国を結ぶ物資の中継地としても栄えた。

敦賀湾入り口には原子力発電所、内奥部にも火力発電が立地する。地場産業のおぼろ昆布・とろろ昆布は全国生産の80%以上を占める。 気比の松原は景勝地として知られている。
by citywatch | 2006-07-15 21:11 | 甲信越・北陸の記事

富山県高岡市

富山県西部庄川、小矢部川下流域にひらけた商工業都市。古代、海岸に近い伏木に越中国の国府が置かれていた。8世紀中ごろには、歌人として知られる大伴家持が越中の国守として赴任、5年の滞在期間に多くの歌を詠んでいる。 戦国期は、勝興寺を中心とする寺内町が形成された。

江戸時代には、米や水産物の集散地、商工業の中心地として発展した。銅製品、漆器が伝統産業になっている。現在は、河岸を中心にアルミ、化学、製紙工場などが多数立地し、富山市に次ぐ県下2位の工業都市になっている。
by citywatch | 2006-07-15 21:09 | 甲信越・北陸の記事

石川県輪島市

石川県北端の輪島塗で知られる観光都市。かつて輪島港は日本海海上交通の要地としてにぎわった。輪島港の近くでは、千年以上も続くといわれる輪島の朝市が毎朝開かれる(毎月10日、25日及び正月3ケ日は休み)。漁業は、舳倉島・七ツ島周辺海域で採れるアワビなど。

2003年には、市域南端に能登空港が開港。東京便などの就航により、地域観光への集客力が拡大している。
by citywatch | 2006-07-15 21:07 | 甲信越・北陸の記事