全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch

2006年 06月 28日 ( 59 )

高知県土佐清水市

土佐清水市は、高知県最南端、足摺岬で知られる水産都市。足摺岬、竜串海岸など足摺宇和国立公園の観光拠点都市でもある。原料にソウダガツオを使った宗田節やみりん干しなど水産加工品の生産が多い。激化する産地間競争に対抗するため、「土佐の清水さば」などブランド化への取り組みも強まっている。


人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-28 22:43 | 中国・四国の記事

高知県須崎市

須崎市は、高知県中央部、太平洋に面した港湾水産都市。須崎港は取扱高が高知一で、セメント、木材の積出港となっている。漁業はハマチ、タイ、カンパチなどの養殖が主力。ハウスもの野菜、果実の栽培も盛んで、ミョウガの生産で全国一を誇っている。南に太平洋、北に浦ノ内湾を眺望できる複雑な海岸線を持つ横浪半島など観光スポットも多い。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-28 22:37 | 中国・四国の記事

高知県宿毛市

宿毛市は、高知県南西端、松田川河口に位置し、宿毛湾に面した水産都市。豊かな海面を利用した養殖がさなんで、ハマチ、タイ、アジを中心に、高知県の過半の水揚を誇る。農業は温暖な気候を生かしたオクラ、ブロッコリーなどの野菜栽培、ボンタンなどの果実生産が多い。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-28 22:36 | 中国・四国の記事

高知県香美(かみ)市

高知県東部の物部川の流域、中流から上流域に広がる、香美市は、2006年3月、香美郡の香北町、土佐山田町、物部村が合併して誕生した。西南部の土佐山田地区は平地だが、市域の大部分は森林に覆われている。龍河洞(りゅうがどう)は、日本三大鍾乳洞の一つとして、知られる。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-28 22:36 | 中国・四国の記事
2006年3月、香美郡の赤岡町、香我美町、野市町、夜須町、吉川村が合併して、香南市が誕生した。土佐湾に面した、高知県のやや東部に位置、南国市の東に隣接する。市域西部は物部川河口に開けた平地で、農業が盛んな土地柄。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-28 22:36 | 中国・四国の記事

高知県土佐市

土佐市は、高知県の中央に位置し、仁淀川西岸、波介川流域に発展した街。伝統的に紙作りの盛んな土地柄で、現在でも製紙業主力産業。ハウスものの野菜、果実栽培を中心に農業生産額も多い。鰹節の生産でも知られる。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-28 22:35 | 九州・沖縄の記事

高知県安芸市

安芸市は、高知県東部土佐湾に面した田園都市。温暖な気候を生かした野菜作りがさかん。農水産業主体の地域経済は停滞気味で、人口の減少が続いているが、阪神タイガーズの春季キャンプ地として知られ、観光・リゾート地としての成長にも注力する。

三菱グループの創業者である岩崎弥太郎は安芸の出身。海運業からスタートし巨大財閥に発展する礎を築いた。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-28 22:34 | 中国・四国の記事

高知県四万十市

四万十市は、高知県南西部、四万十川の下流にひらけた田園都市。約500年前に、前関白北条教房によって京都に倣った街づくりが行われた。2005年4月、中村市が隣接する西土佐村を合併し四万十市が誕生した。市域は四万十川流域に広がり、愛媛県と県境を接する。農林業が盛んな土地柄だが、四万十川の全国的な人気にも支えられ観光リゾート都市化も進む。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-28 22:34 | 中国・四国の記事

高知県室戸市

室戸市は、高知県南東の突端に位置する、室戸岬で知られる水産都市。遠洋業業は縮小傾向だが、土佐湾の海洋深層水をつかった、食品、美容などビジネス展開が進められている。

空海の修行地でもあり、市内には四国霊場八十八ヶ所中、室戸岬にも近い24番札所最御崎寺(ほつみさきじ)のほか、25番札所津照寺、26番札所金剛頂寺がある。室戸市の周辺海域ではホエール・ウォッチングができるなどマリーンレジャーでも人気がある。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-28 22:27 | 中国・四国の記事

奈良県葛城市

2004年10月、奈良県西端に位置する新庄町と當麻町が合併し葛城市が誕生した。金剛産地葛城山の北麓に開けた住宅都市で、西は大阪府に隣接する。大阪府との県境にある二上山(にじょうさん)は、古来より万葉集にも歌わるなど観光名所として知られる。天武天皇の第3皇子で、悲劇的な死を遂げた大津皇子の墓がある。

二上山の麓にある當麻寺は、聖徳太子の弟、麻呂子親王が創建したもの。現在は、浄土宗と真言宗の二宗に属する。 藤原豊成の娘、中将姫が蓮糸を染めて織りあげたといわれる曼荼羅の他、本堂、三重塔など国宝も多い。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-28 16:00 | 近畿の記事