全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch

2006年 05月 31日 ( 1 )

Excite エキサイト : スポーツニュース

2-2。親善試合ですが、まったくのガチンコ試合。それも、ドイツがここまで厳しく、ある意味ダーティーに、ガツガツやってくるとは思いませんでした。地元でホスト国。いろんな雑音を打ち消すためにも、すっきり勝っておきたかったでしょう。必死でした。ドイツにとっては対コスタリカ、エクアドル戦のテストでもあったでしょう。それにしても、日本のユニフォームは、簡単に破れ過ぎ!!ドイツと同じアディダスだと思うが。

まあ、地元ドイツ相手のガチンコ試合での引き分けは、客観的、歴史的にみれば快挙ともいえるでしょうね。従来からの印象ではドイツは、日本チームにとって最も不得意な相手と思っていた。ブラジルには善戦できても、ドイツの大きさ、強さと組織力には、ちょっと・・・。悪くすれば大敗もあるかと・・・。それが、2-0までいきました。あとは、いつもながらの、まずいディフェンスで、セットプレーから、あまりにもあっさり失点。2点目がいけません。

厳しいコメントは、セルジオ越後や二ノ宮氏の指摘のとおりだが、日本にとって、強豪相手に守りきるのは決して簡単なことではない。逆に先制されて守られてしまうと厳しくなる。その意味では、先制点がどうしても欲しいところ。今日の試合では、地元で絶対勝たなければならないドイツが必死になって点を取りにきたから、カウンターで多くチャンスを作れる展開になった。問題は、守りを固めた相手をどう攻略するか。

ドイツ相手にこれだけできればオーストラリア、クロアチアにも、それ以上にできるとの自信にはなるが、対戦する両チームにとってもいい材料提供になった。誰の目にも、日本の長所と短所がバレバレ。ガラッと試合展開を変えることなど、日本にできるわけもないから、この試合を踏まえた対策に出てくるのは間違いない。DFでは選手の入れ替えもあるようだし、このあたりもポイントになりそう。まあ、楽しみは広がりましたね。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-05-31 09:11 | スポーツ評論