全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今回の金融危機は

ある意味では、日本の10年デフレ、長期経済不況から生まれた異常なまでの低金利をベースにした円キャリー・トレーディングのなれの果てともいえる。金融の自由化、デレギュレーションを標榜して先陣を切ったロンドンのCity、ニューヨークのWall Streetの敗戦でもある。

ユーロも実力以上に買われて、ヨーロッパが不自然に金持ちになりすぎた。考えてみれば、過去10年間に、英国製の何か画期的なものが生み出されたわけではない。すべては、カネを限りなく商品化する技術を磨いただけのことだ。一方の日本の預金者は低金利の犠牲者で、この間に、必要以上に貧乏になってしまった。連日の円高はこれを埋め合わせるようなものだ考えれば、分かりやすい。

金融ノウハウを売り物にできなくなっても、イギリス人は英語の教師になれるだけ幸せだともいえる。また、日本人にとっては、たぶん最後の円高の機会を、過去の教訓を踏まえて、円高恐怖心にとらわれることなく、嬉々として受け入れ、最大限に有効活用、満喫することだ。発想を変えれば、決して悪いことではない。実際、いろんな選択肢があるからね。

人気blogランキング
by citywatch | 2008-10-22 23:48 | トピックス/時事評論