全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アングローユダヤ金融の落日?

やや、楽観ムードで始まった欧米市場を確認して就寝するも、起きてみれば、引けにかけて急落。よほど深刻な、事態にあるということは、誰の目にも明らかだ。不幸なことは、ブッシュ政権が全く信用されておらず、選挙を控えて、イニシアティブが、全然、取れないことだ。

それでも、この金融危機は、いずれ終息するだろう。それが、人知によるものか、市場メカニズム(いくところまでいくケースを含めて)、によるものかは、分からないが。

ただし、混乱の後の国際金融秩序は大きく様変わりしたものになっているだろうね。これまで、アメリカの金融市場で圧倒的な影響力を誇ってきたユダヤ系資本の地盤沈下は、免れない。これが、中東問題にも、微妙にかかわってくる。慎重、確実を旨としたユダヤもデリバティブの罠にはまったか。

金融(ドル)は、超大国アメリカの軍事力と並ぶ両輪であるだけに、金融の凋落は、超大国アメリカの落日でもある。これを、歓迎する向きもあるが、アメリカの一国支配が終わって、よりましな国際環境になる保証は全くない。
by citywatch | 2008-10-10 08:22 | トピックス/時事評論