全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

北の核の脅威を感じない韓国の軍拡の異常

Excite エキサイト : 国際ニュース
北は核実験、南は長距離巡航ミサイル。東京や北京を射程に捉えたと自賛しているようだ。日本に対しては、言葉だけの、先制攻撃論や「核の選択」にたいしても、大統領、メディアも大騒ぎだが、ここのところの韓国の軍拡はすざましい勢いだ。半径500kmの円周にすっぽり入る朝鮮半島の国が1500kmの射程で武装とは。誰に対してのものかと問うのもおこがましい。韓国政府が、日本を仮想敵国にしているのは、公然の秘密だからね。これに核がのれば、日本にとってはICBMも同じだ。

一方、日本側はミサイル防衛にしゃかりきになっている。ミサイル防衛などいくらやっても、他国にとっては脅威を感じない代物で、憲法との相性がよく予算もとりやすいのだろう。しかし、防衛産業にとっては、都合がいいが、高いだけで、ほとんど実効性はない。韓国が配備する巡航ミサイルの方がはるかに安くて、信頼性がある。韓国と竹島などをめぐって海上紛争がおきたときには、日本の港も艦船も巡航ミサイルの脅威を感じなければならない。また、いわゆる、先制敵基地攻撃の能力を韓国が保有することになる。

日本のナショナリストの愚かなところは、いつでも言葉だけ威勢のいいことを言っているが、実際には、実現するための方法論がなく、装備もない。軍事力という点では、韓国のほうが、確実に対日打撃力をつけつつある。日本は日米安保で縛られ、米軍を補完する能力は高いが独立した軍としての能力はあまりにも不完全。韓国は米軍撤収を口実に、急速な軍事大国化を突き進んでいる。つじつま合わせの日本の防衛力整備をこれ以上続けていると、北だけではなく、南に対しても無力な存在の自衛隊になりかねない。与野党共に、韓国のミサイル増強に対して警戒の声が出ないのは、なぜだ?

人気blogランキング
by citywatch | 2006-10-25 19:36 | トピックス/時事評論