全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

北朝鮮、週末にも核実験? 日中韓首脳会談への嘲笑

Excite エキサイト : 国際ニュース
とうとう、来るところまで来たか。これに対して、決め手となるレスポンスは見えてこない。米軍による軍事オプションも現時点ではあり得ないし、北朝鮮の思惑通りに進んでいる。その結果、完全な核武装国家が誕生する。その次は、小型化して核弾頭装着のミサイルで、まずは韓国、そして日本に対する恫喝政策の体制が整うことになるのか。拉致や経済制裁で一本とったような気持ちでいたが、最悪の悪夢が現実化しつつあるということだ。

もう、くだらない、時間稼ぎとごまかしの論議をやめて、北の核に対して現実的にどう対応するのか、日本、日米安保体制下での核戦略を決定しなくてはならない。はっきりしていることは、北朝鮮が核保有を許した事実は、日本の外交、安保防衛上最大の失敗だということ。「つくらない」「もたない」「もちこなない」とした非核3原則はまったく、その意味をなくしてしまった。

逆に、made in USAであろうと、operated by USA であろうと、日本における核の存在を明確にし、核抑止力の実効を高めることが必要だろう。核に関しては日本とアメリカの立場の違いは、大きい。しかし、北朝鮮の核を許してしまった以上、これまでのように、日本はアメリカの核によって守られているから、自前の核は必要でないというアメリカの論理を、そのまま信じていればいいという状況ではなくなった。北の核は、まさに日本列島を照準にするはずだ。日米安保、同盟体制の力量、真価も問われている。

意外だったのは、中国が、あっさり、北の核の存在を許容したことだ。今のところ、自らへの脅威にはならないと判断しているのかもしれないが、これは後になって、大変な判断ミスになるかもしれない。日中首脳会談ができなかったのも北朝鮮にとって幸いしたね。その意味では、北朝鮮の核武装に最大の貢献をしたのが小泉純一郎だということになるのか。そして、またもや「靖国」が日本の安全を危うくするのか。当然、「靖国」ではなく、最終的な責任は、日本国民が負うことになる。愚かなことだ。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-10-06 17:31 | トピックス/時事評論