全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

国連安保理 全会一致で対北朝鮮決議を採択 

Excite エキサイト : 国際ニュース

ロシアでのG8サミットにはぎりぎりのタイミングで、まとまったということか。日本のメディアでは、日米が主張する国連憲章7章への言及が削除されたと不本意なニュアンスを伝える向きも多いが、実際ところ全会一致での採択の意味は大きい。何とか面子のたった中国もほっとしているだろう。日本の国連外交としては、初めてといっていい成果じゃないのかな。

それにしても、北朝鮮ミサイル発射の後も、インドでの鉄道爆破に続いて、イスラエルのヒズボラへの報復、レバノンへの攻撃など国際情勢が不穏だ。原油価格が最高値を更新、世界同時株安も。同じ安保理では、アメリカはイスラエルへの非難決議で、単独で拒否権を発動するという苦しい立場だ。次々出てくるイシューの前に、これ以上、採決に戸惑っていたら北朝鮮問題は、国際世論的にも、モーメンタムを失っていただろう。その意味でも、ギリギリだった。

安倍「首相」は、得意科目の北朝鮮問題でのタカ派姿勢で得点を稼いだ格好だ。小泉現首相が、国際情勢が緊迫する中、隠居気分丸出しで、プレースリーに続いて、渦中のイスラエルと周辺国を訪問。らくだに乗る以外は何のニュースも発信できなかったことと見比べると、おのずと安倍が安定感でも評価を獲得したようだ。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-07-16 10:17 | トピックス/時事評論