全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

拉致問題 金英男氏会見「めぐみさんは自殺」

Excite エキサイト : 国際ニュース

まさに、シナリオ通りの会見だったようだ。これ以外のストーリーもありえるはずもないが、予想していたより、若干、日本政府の対応への批判のトーンが強かったような気もする。さらっと、かわすかとも思ったが、めぐみさんについても言及し、北側の模範解答を繰り返した。今回の、再会劇は、日本側のしかけに北側がのって、最終回答の機会にするということなのだろう。その思惑通りに、行くとも思えないが。

一方、拉致問題を国際的に政治問題化し、北を糾弾しているだけでは、重大なポイントを見失う。いかに、異常な政治体制であり、その崩壊を望んだとしても、強力な軍事国家であることは事実。そして、日本にとって、北朝鮮との最大のイシューは、いうまでもなく、核問題にある。残念ながら、ここ何年も、こちらでは何の進展もない。実際のところ、北の核の脅威は、その経済状況が深刻であるにもかかわらず、いやそうであればあるほど、現実的な危機のレベルは高まっているのだが。

実際の被害家族がいて、共感しやすくメディア受けする拉致だけで、政治家、政治勢力が得点を稼ごうとするのも困りものだ。本題の「核」についてまじめに取り組んでもらいたいね。ここが、国家利益の最たるものだ。北の核の問題をめぐっては、日本と中国が最大の不利益を被る当事者そのもの。本来、東アジアの秩序に関して、じっくりと意見交換すべき両国なのだが、小泉政権では、まったく機能しなかった。タイミングも重要な要素だからね。後で大きなツケが回ってことを祈るのみだ。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-29 21:37 | トピックス/時事評論