全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

セックス不足が出生率低下の原因?

出生率低下を食い止めるために「もっとセックスを」 | Excite エキサイト

いよいよ、来るところまできましたか。

子供が生まれないのは、煎じ詰めれば、セックスの絶対回数が少なすぎるとの考えでしょうか?確かに、各種統計では年間回数で、他国と比べてかけ離れて少ないというデータがあるし、周囲も含めそういう実感もある。しかし、世界平均が週2で、日本が週1か、この差は大きい。まあ、日本人の多くは、週1なら特に少ないと思ってないでしょうね。

さて、少しまじめに回数の少なさを考えてみると、
対象となっているのが、既婚者かどうかわからないが、日本は世界で一番の晩婚社会だから、性的にアクティブであるピークを過ぎてからということになりますね。婚姻年齢が高いほど回数が少なくなるのが自然でしょう。

一方で、老人のセックスの回数でも外国は結構多いという統計がありますが、これは出生率とはあまり関係ない。やはり、子供を作ってもかまわないという、環境があってセックスの回数が多いことがポイントでしょうか。日本人の男は精子の数も世界最低らしいから、回数が少ないのは文字通り、致命的か。

ストレスも含め社会的な環境もあるのでしょうね。屋内はもちろん、隣家にも音が筒抜けになる住宅事情の問題も依然として大きいんでしょうね。街を歩けは、風俗情報が氾濫する国にありながら、いやだからこそ、セックスレス化が急速に進んでいるんでしょうね。

日本は、おそらく、男女間の性差が一番近い人種のような気がしてます。もともと、男と女の差がない女性ホルモン過多の社会。だから、同じことをやっているとますます同化が進む。女性化した男には成熟した女は手に負えず、やむなくロリコンに走る。男もカワイイという評価が最大の賛辞になるくらいですからね。そもそも可愛いという感情は自分より小さいもの、弱いものを対象にするものですからね。

男が女性化するというのは、ある意味で平和の産物でもあるし、男の必要性が薄れているということでしょう。もともと、生物はメスが基本形ですから、積極的にオスが必要であるという理由がなくなればメス化回帰、女性化は必然なのかもしれません。下等な生物の中には、状況によって、雌雄を変えるものも結構いますしね。

電車に乗れば、痴漢だと疑われ、会社ではセクハラの指弾というのでは、半分、「男であることは罪」と言われているようなものですからね。実物は恐ろしくて、セックスはバーチャルなものに限るということになるのか。だとしたら、残念ながら、この傾向が弱まりそうな気配はないですね・・・

人気blogランキング
by citywatch | 2006-06-24 15:41 | トピックス/時事評論