全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

サッカー日本代表 ジーコの布陣

昨夜の対スコットランド戦で、サッカー日本代表の国内試合も打ち止め。明日、15日には代表選手が発表される。選手選考については、すべてのファンが、一家言あるところでしょうが、結局ジーコの判断次第。それでも、一言すると・・・・

ジーコ・ジャパンのベストパフォーマンスは、やはり昨年6月のコンフェレレーションズ・カップ。日本は、メキシコ、ギリシア、ブラジルを相手に、1勝1敗1引き分け。得点4、失点4。特に勝利したギリシア戦、引き分けたブラジル戦は、世界トップクラスとの互角以上の戦いに、日本サッカーの進歩を実感した。そこでのシステムは4-4-2。ジーコがこだわるブラジルと同じフォーメーションだ。ワールドカップ本大会も、このときの布陣が基本でしょうね。

となると、オーストラリア戦もスターターは次のようなものか。何のサプライズもないでしょうが、指揮官というのは頑固でなけりゃ務まらない。一人ぐらいは、異例の抜擢があってもいいですけどね。

  久保(高原) 柳沢(大黒) ※久保と柳沢はケガの状況次第
       中村
    小野   中田(英)
       福西
サントス 中沢 宮本 加地
       川口

決定力不足が、さかんに嘆かれていますが、こんなものは、いつまでたっても解消されることもないでしょう。それよりも、今回の代表はあくまでも、中村俊輔のチーム。冷静に見て、現在の日本チームで、ワールドクラスと言えるのは中村だけ。中村が縦横無尽に動いて、決定的なパスを出す。あるいはセットプレーで仕留める。これが、すべてですね。コンフェデのブラジル戦での中村のミドルシュートはすごかった。いまだに鮮明です。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-05-14 08:48 | スポーツ評論