全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

レベルの低い国内論議ではとてもやっていけない

野田首相はかろうじて間に合ったつもりでいたが、前途多難。日本の覚悟が問われている。TPPだけではない。増税、普天間、原発汚染土処理。万人がハッピーになる結論はない。で、どうするんだ。これまでの選択は先送りだった。両論併記のままで結論を出さない。

その両論というのもまともな理屈があればいいが、農業保護論に見られるでたらめなものまでが、一つの見識となる。増税論議でも、デフレ克服、経済成長が先決といって何年経つ。日本経済成長も所詮は海外依存で、自ら批判的なアメリカや中国のバブルと輸出企業の努力でかろうじてやってこれた。しかし、市場の劇的な変化、日本での生産リスクの増大で、法人税収が簡単に増える状況ではない。

そんな国の消費税が5%から、引き上げることができない。反対論の根拠など、日本以外のどこで通用するのかね。ムダがあるという心理的なものを解消すれば済むのであれば、徹底的にやってみればいいだろう。しかし、それだけではとても追い付かないことは、まともな人間であれば分かるべきなのだが、ここで止まっているんだな。テレビなどでも次元の違う議論を並べて、お茶を濁す。今の中学、高校の教育レベルの低さの指摘は多いが、メディアを含め一般の議論のレベルも低い。少しは自分で考えろと言いたいね。
by citywatch | 2011-11-14 07:35 | トピックス/時事評論