全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

民主党代表選挙

どの新聞もまだ当確は出していないようだな。
この時点でおさらいを。
まず、必要のない党首選挙だということ。やっても信任投票が当たり前。わずか3ヶ月前に圧倒的多数で選んだ党首であり、内閣総理大臣。精彩を欠くとは言え、目立った失政もない。参院選の敗北など、前内閣の問題が大きく、就任一ヶ月の内閣の責任を問えるものでない。そもそも参院選と首相退陣を関連付けたのは、政党間の政権交代がない自民党政権でのものだ。

あえて、総理大臣をひきずりおろして、代えるべき人物がいるとも思えない。いればなぜ、3ヶ月前に出なかった?出れなかったとすれば3ヶ月でどんな環境変化があったというのだ。

国民が全く嫌悪する小沢。菅は小沢を西郷に例えたようだが、違うな。西郷は国賊になっても国民的人気は高かった。故に上野に銅像が立っている。小沢には全く人望がない。国民は小沢のことを知らないのではなく、知り過ぎていて拒絶している。

その小沢を担ごうとする民主党議員。醜悪なのは小沢自身かその取り巻きか?あるいは、保身のために、小沢への忠誠心を見せようとするサラリーマン議員か?しかし、国民投票はすでに終わっている。小沢出馬の大義など全くない。これは、クーデターと呼ぶべきものだ。それだけ、必死。これ以上、冷や飯を食わされ続けたら小沢組がもたないんだろう。

小沢派は、「能力、指導力」というが、これは政策遂行とは全く別次元。小沢が政策に忠実であったらこんなに政界遊泳を続けられなかった。そんなことは、国民周知の事実だ。小沢の能力は、恐怖心、マインドコントロールによる小沢幻想を振り撒き、小沢神話を維持してきたことだ。メディアも「剛腕」などとサポートしてきた。しかし現代政治家にとって、最大の要件であるコミュニケーターとしての能力は最低。典型的なお座敷、料亭政治家だな。

どんな結果になっても、小沢幻想はこれで終わるだろう。一方、首相が衆議院選挙結果と関係なく代わるような状況が常態化しており、日本型議院内閣制度に疑問符が付いている。また、首相公選論などが出てくるはず。
by citywatch | 2010-09-06 08:06 | トピックス/時事評論