全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

米国人気スポーツ盛衰

思わぬWBCの盛り上がりの中、あらためて注目されたのが、アメリカにおけるプロスポーツ人気の盛衰。米国でも野球人気にかげりが見えるという報道も多かったがその現実は如何?

調査会社ハリスが、昨年12月に行なった全米人気スポーツ調査では、以下の順になった。

1、プロフットボール(33%)
2、プロ野球(14%)
3、大学フットボール(13%)
4、カーレース(11%)
5、大学バスケットボール(5%)
6、アイスホッケー(5%)
7、プロバスケットボール(4%)

よく言われる3大スポーツ。NFLの人気は流石だか、野球(MLB)、バスケットボール(NBA)人気の凋落が著しい。20年前の1985年の調査では、それぞれ、23%、6%だった。バスケットは、ジョーダン率いるシカゴ・ブルズの人気もあり93年から2003年までは10%以上の支持を得てきただけに、マイケル・ジョーダンが引退し、外国人選手も増えたが、人気は急落した。いまや、大学(NCAA)バスケットが人気では逆転している。

野球もストや薬物使用でゴシップネタが増えた。一方では有名選手の年棒が高騰、外国人選手も増えすぎたかもしれない。その点、一番外国人選手がいないのが、NFLだろう。
NFLは黒人に、MLBはイスパニックに人気があるスポーツとのデータも示されている。
その他では、近年アメリカ選手が活躍しなくなったテニスなどもすっかり精彩をなくしている。アメリカにおけるスポーツの盛衰もずいぶん激しく厳しい。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-03-25 10:03 | スポーツ評論