全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

WBC ESPNが質の高い日韓の野球を絶賛

メキシコに勝ってまずはめでたし。さあ韓国に雪辱!というところですが、アメリカ相手に質の高い野球を見せたことで、アジアの評価が高まっている。とりわけ、14日のスポーツサイト、ESPN.comのEric Neel記者の記事は読み応えがある。
Asian baseball thriving on Classic stage

記事では、巨人にもいたデーブ・ジョンソン(アメリカチームのコーチ)もコメント、「王と長島がアジアの野球史における最高の打者であり、彼らのパーフェクトなスウィングを求める打撃哲学がアジアの野球に影響を与えている」。

ジーターも、「日韓の選手は、細かいこともおろそかにせず、バントやエンドランなど緻密で勝つための野球をする。こういった大会では簡単にホームランを打てるものではない。彼らはミスをせず、自滅することがない」と賞賛している。

ともかく、日本野球のクオリティーが高く評価されたことは、関係者にとっては溜飲を下げる思いでしょう。

明日の日韓戦は、アメリカの予選敗退もかかるだけに、さらに注目される一戦となりました。ぜひとも、クオリティーでは、日本が本家であることを示して、勝ってもらいたい。それより、韓国に2連敗はできないでしょう。アジアの覇権もかかっています。一勝一敗になれば、準決勝で最終決着か。今度からはこんな変則的な組み合わせはやめてもらいたいものです。ドミニカや、キューバとの試合も見てみいたいですしね。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-03-15 17:43 | スポーツ評論