全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

他山の石のスペルミス

偽パスポート、偽造技術は完璧だったが…… | Excite エキサイト

パスポートの偽造技術は完璧だったが、スペルミスで御用。
パキスタン人密入国者がキプロスでお縄になった話だが、日本人にとっても他人事ではない。
さて、犯人が間違った、スペリングは、ministryとgovernment だという。われわれの周辺でも、governmentの綴りでは、今回のケースと同じように、nを省く間違いは少なくない。

とかく、デザイナーは、パンフレットやチラシにせよ、ウェブにせよ、英語をデザイン的に使いたがる。日本語(漢字)ばかりだと、デザイン処理に困る気持ちはよく分かる。漢字のメッセージ性が強すぎてイメージを壊しかねないからだ。それで、必要性がなくても、英語であろうとフランス語であろうと、アルファベットを使ってしまう。正確な意味が分からなくても。

それは、まあいいのだが、スペルミス、文法の間違いがやたらに多い。特に、bとv、lとr、など、日頃の発音から正しくないから間違いが頻発する。辞書を調べればいいのだが、これをサボる。そして、出来上がるまで、誰も気がつかない。文法の間違いはともかく、スペル間違いはお粗末過ぎる。しかし、これがあるんですね。結構。
スペルミスで偽造がばれて捕まった犯人を、あんまり笑えない。ご用心、ご用心。

人気blogランキング
by citywatch | 2006-03-07 22:00 | トピックス/時事評論