全国の都市情報と意見交換のブログです。日本の街をもっと楽しく、もっと美しく!


by citywatch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

奈良県宇陀市 女人高野・室生寺

奈良県北東部の大宇陀町、菟田野(うたの)町、榛原町、室生村が、2006年1月に合併し、宇陀市が誕生した。人口は約3万9000人。市域は大部分が山林に覆われているが、近鉄大阪線沿線で、大阪市方面へアクセスは悪くない。

市域の西部の大宇陀地区は、万葉歌人の柿本人麻呂が、「ひむがしの 野にかぎろひの立つ見えて かへり見すれば 月かたぶきぬ」と詠んだ土地。江戸時代には、奈良、吉野、伊勢路の交差点として、物資の集散地、地域経済の中心地としてにぎわった。

女人禁制だった高野山に対し、女性の入山が許され「女人高野」の別称をもつ室生寺。1998年9月に台風による倒木で、大被害を蒙った室生寺の国宝五重塔は修復され、巨木を背景に美しい姿を回復している。五重塔の他にも、金堂、本尊釈迦如来像、十一面観音菩薩など国宝が7件と多い。

f0035016_8142535.jpg
f0035016_8164999.jpg
f0035016_8145333.jpg
f0035016_814433.jpg
f0035016_817069.jpg

人気blogランキング
by citywatch | 2006-03-02 08:19 | 近畿の記事